ソロ・パブリッシュ

エア充。

フィクション(物理像)

2017.10.19(木)

小説、漫画、映画、演劇、テレビやラジオのドラマ、ゲーム、音楽、絵画・・・などなど、
一般的にフィクション、虚構とされているものは、じつは非(ノン)フィクションに近く、
まぎれもなく現実だとされているものこそがフィクション、虚構である。

フィクションが非フィクションに「近い」のであってイコールでないのは、
形、色、音といった素材が使われ、時間や空間や言語のルールなどを適用しているから。
そのぶん、純粋なアストラル界からすると物理像寄りだから。

現実だとされているものは、
アストラル帯域まで降りた波動が、物理帯域と接するエーテル帯域で、
「この波がモノ化したらどうなる?」という形で体性感覚に変換され、
それがアストラル帯域にあるデータモジュール(記憶)のコードにしたがって構成された物理像、
すなわち感覚つき立体動画である。
あくまでも「モノ化」であって、モノそのものではない。

物質で構成されているかに見えるここは、全然物的じゃない。
ザラザラ、ツルツル、明るい、暗い、ピィーッ、カシャン、温かい、冷たい、甘い、手応えなしの空間、
そうした質感と、その強弱があるだけ。
この精妙なエーテリッククオリアがアストラル帯域のコードに捕まる前に、これを直視できる人なら、
輪郭や色や香りや味にも音にともなうようなエコーがあり、振動しているのがわかるだろう。
色や形が音になったり、香りが触感になったりする共感覚が発現することもある。
そうした質感やその強弱が、テーブル、腕、椅子の背、電子レンジの音、コーヒーの湯気、味、
というように、別々の物や分かれた現象として知覚されたり、
「物質」という抽象概念でくくれるようになるのは、
アストラル帯域のコードによって、1次データが関連づけられるグループごとにまとめられ、
他のグループへの混入(クォンタムジャンプ)を防ぐ分割線が引かれ、整理されるからだ。
非変性意識だと、エーテリッククオリアと完成された物理像の間にタイムラグはないから、
物理像は物質っぽく硬直する。でもわずかに振動しているけれど。

人もペットも観葉植物もテーブルもコーヒーも何もかも物質に還元できると考えてる人でも、
エーテリッククオリア(その人にとっては物質世界)1割、アストラル界9割で、
クオリアに反応して多々のデータモジュール(記憶)を参照し、イメージしたり判断したり、
大半を見えないさわれない“思い”の世界ですごしている。

「現実を直視する」とは、だから、物理像の原型があるアストラル界のほうに意識を向けるってことだ。
“思い”は物理像と関連づけられるけれど、
その“思い”も超えて、タグづけされていない波動、
ビビッ、とか、びぃーん、といったエネルギー的な動態を、言葉を介在させずに感じること。

アストラル界が変われば、原理として、物理像は変わる。
しかし、物理像を変えようとしてアストラル界を操作しようとすると、思いどおりにはならない。
物理像に意識をフォーカスすると、
・物理像を変えたい、変えようという思い=現況の否定によって現況への関心を強める
・時間思考、エントロピー(栄枯盛衰、生老病死)思考、幸福や成功の条件、マストアイテム、等々、
人類や民族や種々の組織といった集合体を仮想して埋め込まれた共通コード
・経験記憶、分離モードのときに他者やメディアを迂回して入ってきた2次情報
同じアストラル界の物理像に近い帯域に構築されたこれら(カルマゾーン)が一挙に活性化し、
現況にとどまるか、現況を補強する方向に作用する。

これは道徳や人生訓的なオチではなく、メタフィジカルな力学の作用です。
テコの原理とか、引力の法則とか、そういうのといっしょ。

ならば、視線をまっすぐアストラル界に。
“まっすぐ”というのは、Zero Point Fieldにつながっていれば、
わざわざ頭を上に向けなくても、ソウルコスモスの中心活動域がアストラル帯域になるから。
次元上昇とは、このアストラル帯域がメインステージになることをいう。
物理像は見守り放牧くらいのスタンスでちょうどいい。
グラウンディングってのは物理像がちゃんと見守り射程内に入っていることで、
子どもの行動を全部先回りしてフォローしちゃう保護者みたいに、
物理像のケアに駆け回ることじゃない。

いつだったか、スピ系のブログだか本だかで、
「悟るとは潜在意識がなくなること=無意識の反射行動が起きないこと」
という主旨の文章を読んで、
「そんなのムリ!」と速断したんだけど、
それは私が潜在意識の顕在化=言語化、イメージ化というふうにとらえていたからだ。
潜在意識をすべて言葉やイメージにして把握するなんて、そりゃあムリさ。
けど、ビビッ、びぃーん、もやもやん、とか、エネルギーで感知すればOKなら、それはできる。
誰でもできる。
導入のコツとしては、「気分」に注意すること。
気分はカルマゾーンの辺境にあって、
思考や感情よりも物理像や記憶との結びつきが弱く、思考や感情より淡い。
はじまりはフェイドイン、終わりはフェイドアウトで、ころころと転調する。
気分に気づくようになると、波動のステージがどういう感じなのかわかってくる。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 17:26:58|
  2. 次元上昇
  3. | トラックバック:0

原風景

2017.10.15(日)

BLノベルやばい。オレは腐界にハマりかけている。
腐界には妖精がおって、
「ほら、僕といっしょにおいでよ。楽しいよ」とかって足を引っ張るのだ。ずるずる。

BLノベルのテイストは童話に近い。
関係の骨組と、それによって屈折して作用する力が透けて見える。
<人類の存続>という思考と感情が結託した「観念」に支えられた異性愛の様式と共存しつつ、
その様式を神聖喜劇にしてしまう。
無明のうちに共有されて人を一喜一憂させていた、しあわせ、不幸、成功、転落の方程式は、
項に入れる素材や、式が成り立つ背景を換えるだけで、ただの方程式だとバレる。
マハリクマハリタ☆デコンストリュクシオン!
と、偉そうにおフランス哲学用語なんか入力しながら、
あたまのなかにあるのはドリフのコントの屋台崩しのイメージ。

あーエッチな描写もあるけどな。そこは自分的には限りなくどうでもいいんだよ。
当事者が地球人、または地球人の名残りがある人外系存在である限り、
性別がどうでもどんな組み合わせでも似たりよったりだからな。
うそだと思ったら土星を越えて天王星あたりから見てごらん。

ついでに言うと、<人類の存続>は、やはり思考と感情が結託した<私の存続>の複数形で、
<私の存続>としてむきだしになったときには、
<人類の存続>ではぼかされている消滅への怖れ(消滅という思考と怖れの感情)が露わになる。

屋台崩しの向こうには何があるか。
原風景。
吹き抜けていくフォースだけだ。
フォースを「愛」と呼ぶならば、その音と形が喚起する周波数を黄金の最上級に濾さなければならない。
むろんフォースは戯れのひとつとして関数=関係をつくる。
再起動された関係は遊戯で、演技的だと最初から了解されている。
一般的には「プレイ」と呼ばれるもの。
宇宙はZero Point Fieldが七変化する独り芝居、フォースはそのブレスである。
女子高生、おっさん、赤子、富豪、患者、おかん、老人、etc. どれも入れ替え可能だ。
どころか屋根瓦やそこから落ちてくる雨粒とも入れ替え可能だ。
どころか入れ替えなんてありえない! と突っぱねることすらできたのだと、
原風景を知ったあとに、そのドッキリバラエティじみたからくりを笑えるだろう。

「可愛いね。いくつ?」と訊かれて「5歳」と答えた女児“役”が、35億年前、月に大気があったころの
生物の記憶にログインしているウルトラシニアで、その子を連れてる祖父“役”のほうが
ZPFから分岐したばかりのジュニアな魂、などということもあるある。

↑ なんんんだこれ。書こうとしていたことと全然ちがうぞ。でもまあいいや。

『改造への躍動』(ゲルニカ)より「復興ノ唄」
直視はできず、既成の構造のあからさまな観察によって、地と図が反転するように浮かんでくる
原風景は、どこか脳内戦後に似ている。
  1. 2017/10/15(日) 17:15:18|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0

融解

2017.10.12(木)

税務署から「近日中にぜひいらしてスィートハート」とお呼びがかかり、約束の日時に出頭する。
所在地が郊外で電車の本数が少ないためにかなり待ち時間ができ、
税務署のロビーで豹専務から借りた凪良ゆうさんのBL小説『憎らしい彼』(徳間書店キャラ文庫)を
だいぶん読み進んだ。面白い。面白いよ。
私にも豹専務にも男子間恋愛への萌えはケほどもないが、
男子間恋愛というモチーフで表された個々人の関係の多様さ、
その精妙な力学と機微をとらえる繊細なセンスに惹かれるわ。
ヘマタイトとタイガーズアイを携行したせいもあって、ほとんど疲れはなく、
帰宅してなんやかや用事をすませたあと、カレーを食べ、
youtubeでショコラータとゲルニカを聴いて瞑想して就寝。

「平成20年の書類にまつがいがあって、平成28年に修正申告すれば6200円還付できたのだけど、
残念ながら平成29年だともう時効なの。でもまつがいは繰り越されてるから、
書類は直していただかないといけないわ。
9年分の書類の該当箇所に二重線引いて営々直すなんてお嫌でしょうから、
こちらでまとめて修正しといたげた。確認して押印して頂戴。
本来ならこの更正のためにほかにもいっぱい書類提出が必要だけど、
あたしの一存で簡易手つづきになるよう取り計らってさしあげたのよ。よくって?」
てな内容を専門用語を散りばめて説明してくだすったのは、
黒のデコルテとか乗馬服ではもちろんなく、グレーのパンツスーツにピントのずれたナチュラルメイク、
ロンゲの若手男性芸人ふうの髪型をした女性職員さんである。
いまどき、ここまで公務員チックなコーデの公務員がいるだろうか、ドレスコードでもあるのか?
といった外見に加えて、口調もえらくクラシカルで、デンワのときからそうだったんだけど、
印鑑を「お忘れなきよう」って、口語で言う? あなたの素ですか?
「あの、ですね、このまつがいが生じたのは、わたくし、以前、別の管轄地に申告していたさい、
同様の処理について、その管轄地の担当者から、こうしなさいと訂正されたんですね。
で、平成20年の申告でも当時の訂正にしたがって記入したのですけども(むかし、税務署の人に
聞いたとおりに書いたんだよ)」
と述べたら、
「税法が変わったのよw(税法って経済状況に応じて変わるのよ。ちゃんと情報収集なすって)」
と、あっさりいなされてしまった。
なんか、絵に描いたような公務員っぷりにびっくら絶句して、
「昨年に修正してれば6200円返ってきたのなら、なんで昨年のうちに言ってきてくれんのだ!」
とは突っ込めなくなってしまったわ。
お役所の人と話したことは何度もあるけど、こんなのはじめてよ。

意地悪ではなかったし、職務のストレスを市民への八つ当たりで発散させてるふうなエバりもなかった。
どっちかというと、まじめすぎてだいじょうぶ? 的な。
この方のような宇宙もあるんだなぁ、と、なんか感慨を覚えたす。

ショコラータとゲルニカを聴いてるうちに、ただでさえ希薄な年代とか時代の感覚が融解する。
リアルタイムだとネットはおろかwindowsすらない、てかひょっとするとMS-DOSもなくない?
という線形時代背景が信じられず、マンデラ・エフェクト(記憶の書き換え)が起きそう。
こういう曲こそ配信でリリースな感があるのに。それかいっそ蓄音機だね。
  1. 2017/10/12(木) 16:51:59|
  2. この女(ひと)を見よ
  3. | トラックバック:0

エネルギーのチャネリング(追記あり)

2017.10.8(日)

近年、メールや拍手コメントを通じてこのブログにお便りくださるのは、ナチュラルトランスの方が多いです。
周りの人たちや、メディアを通して入ってくる世人のニーズ、欲求がわからず、共有できない、
ためにそっち側の人たちには曖昧に相づちを返してソーシャル活動をやりすごしている、
そういう形で“地面”からやや浮いているのだけども、
霊感があったり、オーラが見えたり、意思だけで金属を曲げられたりするわけではないと。
ために自身を非不思議系にカテゴライズしていて、
「自分は性格的にやや変わっているのだろう。いや性格というか、根本的なところでズレてる気がするん
だが・・・だとしてもこの違和感? を活かせるような特別な才能はないし」
というようなところを落としどころにしている。ときには、
「ずるずる時間展開めんどくさい。もう巻いていいから、早く終わんないかな地球人生活」
といった厭世気分とハモっちゃうこともある。けど地面から浮いてる効用で、絶望することはありません。

ステロタイプ化してまとめちゃいましたが、そういう雰囲気の方から、たまに、
「私はみけさんみたいにチャネリングはできないのですが~」といったお声を拝聴します。
はっはっはー。
ざんねんでした。
チャネリングしてない人なんていないんだよね。
もともとchannelは①海峡、②水路、③経路、道筋、④チャンネル、周波数帯、といった意味で、
総じて、ある幅とかルートに何かを方向づけすることです。
何かとは、水とかの物質だったり、人やクルマだったり、情報だったりといろいろ。
デムパな方面だと④の「周波数帯」が近い意味で、
これが動詞になると周波数帯をつくる、方向を周波数帯に向ける、となる。
この周波数帯を通るのは波動です。
ハイアーセルフとか、アセンデッドマスターの誰それとか、天使の誰それとか、ある種目の木の精とか、
クリスタルとかの、波動。
テレビやラジオにもさまざまな局があるように、さまざまな波動があるわけだ。

そんな、波動なぞというアヤしげなものはない、ということにして、
ちゃんと見えたり聴こえたり、体性感覚でキャッチできるものしか相手にしない人もいます。
それもアリ。
見えない波は常に起きているし、影響も受けてるけど、何かの事情で当面スリープモードになってる。
チャネル化の時機にいないだけ。

なんかの波動を感じたとき、びぃーん、とか、ざわっ、とか、筋肉がぴくっと動くとか弛むとか、
頭周りが涼しくなる、気道が開いた感じがする、景色の色調が変わる、など、
人体に何らかの反応が起きることがあります。
じゃなくても、それまで考えてたことがスッと遠のくとか、気圧が微妙に変わった感がするとか。
こういうのが、波動を感じること=ある周波数帯の波動を受信すること=チャネリングです。
ハイアーセルフとかアセンデッドマスターとかってのは、そういうのを直感分類して付けた名前にすぎません。
びぃーん、や、ざわっ、や、ぴくっ、のなかで、
ビリヤードみたいに、既存の知識、情報と反応して、つながって、ニューロンの回路みたいなのをなすものは、
言葉や絵やアイデアなど形になるものに変換されます。けど、それはほんの一部の一部。
(形になる段階で「これはマスター誰それ」などと分類、ラベリングされるケースもあります。)

私のチャネリングも、たいていは、びぃーん、ざわっ、ぴくっ、で終わってしまいます。
ときどき「うわっ、なんかキタ!」と口走って、豹専務に生温かい視線でスルーされてますが、
そういう添付ファイル付きっぽいデムパといえども、言葉になるとは限らんのです。
それですんでしまって、なんだったのかわからんこともしばしば。
後日、2次、3次のデムパがきて、徐々に解凍というパタンもありますが、1次の段階でそれを予見することは
できません。こういうことは線形ロジックや経験統計では推測できないからです。

放っといて形にならないものは、がんばって形にする必要はありません。
行為、行動に直結する波動なら、形にしなくていいし。
がんばると、カルマゾーン(感情や思考になる波動がウズまく低次アストラル帯)に捕獲されて、
感情や思考が喜ぶような歪んだ情報になってしまいます。
もう極力放っておいて、形になりたければどうぞ、素材は私のソウルレコード(一般的には脳内)にあるものを
何でも自由に使ってください、くらいのスタンスでちょうどいい。

というか、きほん、形にしなくていいんですよ。
びぃーん、ざわっ、びくっ、アタマ涼しい、気圧変わった、そういうのが波動通信のメインストリームなので。
形にする努力、ないしそういう構えを放棄すると、
ソウルコスモス=宇宙が、見えないさわれないいろんなエネルギーの交響だとじかにわかります。
見えるさわれる世界も、それの一部集約形で、延長だと、それまでよりやや遠目の醒めた目線でわかります。
全部、エネルギーだと。
これが次元上昇したあとの、アストラル界メインの宇宙体験です。

そうなると、厭世気分と仲よくしてるヒマないよ。
自分の宇宙を味わうので手一杯だかんね。
もともと興味がない第3密度のニーズや欲求を忖度してる余裕なんかないないない。
自足してるって気づくしね。

たとえばアルクトゥルスの子だったら、「嗚呼お母様、アルクトゥルスに帰りたいわ・・・」とかこいてる
前に、おまえがここに居るだけで環境まるっとアルクトゥルス化してることに気づけってことなのよね。

10月9日(月)

物理次元に対して甘ピンでフォーカスがボケがちなために、
物理次元の諸事へのメンテで一杯一杯~という声も、NTの方からはよくうかがいます。
ラッキーやらハッピーやら引き寄せる以前に後ろ倒しだなんだ、と。
私もNTなんで、その向かい風な感じ、よくわかります。

が、
落魄した小公女セーラみたいにTo Doリストまみれの生活であっても、
ちょっとした手隙のおりに、
意識をベースごと上に向けてみましょう。物理次元にフォーカスするんじゃなくて。

NTの方は、
第3密度にきっちりチューニングしないで、PCのセーフモードみたいな感じで動いているために、
行動のいちいちを思考でシミュレートし、確認して動いていることが多いと思います。
「ふつうはこうするんだよね?」と、アストラルグーグルで検索しながら動いてるんで、
人の倍、時間がかかるか、人の倍、疲れちゃう。
テラン社会に適応するためにはそうするしかなかったんですが、
もう雌伏の時期は終わりました。本体バレバレでもだいじょうぶです。
なので、その思考を使った前作業もやらなくていいです。

物理次元のメンテナンスに集中フォーカスしていた意識を開放してオープンフォーカスにすると
(注意を集中させず、全体にゆるーく注意が届いている状態:前回の記事「オープンフォーカスと
ユニファイドチャクラ」参照)、
見えない、さわれないエネルギーの流れが感じられるようになります。
これ、NTの人は練習しなくてもできると思うんだよね。
ちょっとぼーっとしてるとすぐオープンフォーカスになるから。

で、エネルギーの行き交いがわかるようになると(意識的な変換、翻訳はいらない)、
メインステージがアストラル界に上がるので、
思考による前作業はいらなくなるし、物理次元の細々としたやりくりは気にならなくなる。
やらなくていいこともはっきりする。
「そんなに手をかけなくてもだいじょうぶ」なことが得心できると思います。

で、物理次元って別にアストラル次元とかっぱり分かれてるわけじゃないんで、
アストラル界のエネルギーの行き交いをとらえられるようになると(それに気がつくようになると)、
物理次元もなんか全体キラキラしてくる(笑)。
  1. 2017/10/08(日) 18:02:42|
  2. ナチュラルトランス
  3. | トラックバック:0

オープンフォーカスとユニファイドチャクラ

2017.10.4(水)

これから眠ろうとして目を閉じたとき。
または、目が覚めたけど、まだ目は閉じているとき。
あの、焦点の定まらない、ぶわーんと広がった意識。けど寝落ちしてはいない。目は覚めている。
(脳波を測れば、θ-α波とかα-θ波とか、たぶんそんな感じ。)

昼間の活動中、この意識まで後退すると、背中に、もしくは背中よりもっと向こう側に、
unifiedチャクラとでもいうような、チャクラが全部つながって統合された感のある、
何かがあるのがわかります。
見えない通信機器&多次元信号(周波数)変換装置。
ZPF(ゼロポイントフィールド)を個別化したソウルコスモスの波が、
トップのハイアーセルフからボトムのエーテリック物理像まで降下して、またZPFに戻る、
その流れが体感的にとらえられる何か。デバイス的な形で表象されるもの。
んで、見えないといいながら、私の場合、なぜかカラーは白みたい。

こいつがわかると、エネルギーの行き来、流れ、こっちが本体なんだというエネルギーの本体性が
じかにわかります。
で、その場の出来事に適切に対応しながら、
目の前の景色や、物音、人の話、文字、身体が受けている感覚などに引っ張られなくなります。
1週間前、半年前、数年前の記憶情景もネバネバがなくなってて引きずらないし、
5分前に何かショッキングなことがあって強い感情反応が起きたとしても、それも速攻で引いていきます。
用事に対応してちゃんと身体が動いていながら、周囲のことも察知しながら、
それでいてとことん何もかも気にならないのです。
もちろん時間思考もありません。
これは、エネルギーが本体なんだとじかに納得できていて、
エネルギーが行き交う世界のほうが濃くなっており、
物理像が深刻でなくなっているからです。

私が自分で人体実験して確認したところ、ユニファイドチャクラを実感するコツは、
シャッキリ目が覚めているときに、まず軽く目を閉じた状態で、
「眠る」と暗示をかけて、ほんとに寝る前のときのように頭や身体の感覚を放りだしてしまうことっすね。
「眠り」に委ねてまっ白になる感じです。
そのときの、意識のピントをどこにも絞ってないオープンフォーカスをいくらかキープしていると、
背中の奥のほうに何かがあるのがわかります。
感じがつかめると、目を開けたままでもオープンフォーカスに入れます。

興味のある方は、電車を待っている間とか、行列が進むのを待ってる間とかにやってみるといいかもです。
ただし眠気がまさって、軽く目を閉じると本気眠りしてしまいそうなときはやめといたほうがいいです。
眠る手前の際(きわ)で止まるというのは、
これから眠たくなってもだいじょうぶなくらいホワイトマインド状態にもっていくことで、
「眠たくなる」状態に誘導することではないんです。
文字にするとこの微妙な勘どころを言い表すのがむずかしいんですが。

このオープンフォーカス状態は、たぶん、
ZPFから物理像まで、全部の帯域に対して開かれた、最も風通しのいい状態です。
何かの欲求や情熱にあと押しされているんじゃなく、
淡々とすごすというのともちがう。
次のステージ(第4密度)のセンス、感覚って、前のステージのしあわせ語彙では表せまっせん。
  1. 2017/10/04(水) 17:36:11|
  2. 次元上昇
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (112)
社説 (64)
ひみつの閉架書庫 (106)
デムパ話 (123)
超デムパ話 (70)
新世界への回帰 (70)
次元上昇 (19)
デムパなメソッド (11)
ナチュラルトランス (9)
フィロソフィア(愛知) (18)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
カルタあそび (2)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: