FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

ドリーム。

RTLFそれから

2019.4.6(土)

ときどき読者さんから、記事へのご意見ご感想に書き添える形で「RTLFを使っています」という
お知らせをいただくことがある。
RTLF(Return To Love Frequencies:愛に戻る波動)とは、英国在住のインド系セラピスト、
スリーティー・エンジニア氏が開発した、波動をコヒーレントに整えるガラス石グッズで、
日本ではRTLF Japanを通して購入できる(価格:税抜50,000円)。
<公式サイト> http://www.rtlf.jp
2017年初秋に記事にしたところ(ブログ右掲載のカテゴリ「RTLF」)、他サイトで拙文が引用
されて紹介されたこともあってか、ときおり上記のようなお便りをいただいている。
身近では豹専務もこれを愛用、今年になって、魔術道具職人のサトビッチさんも購入された
ようである☆フハハ。
何にせよ、いずれの記事であれ、筆者を通して日本語の文字になったコンテンツが、
目にした方にとり何らかの参考になればさいわいです。

さて、RTLF使用に関するご感想で、わりあいよく見られるのは、
「いろんなことが、どうでもよくなった」というものである。
「いろんなこと」「どうでもよくなる」、なんと曖昧もこもことしたファジーなフレーズであろう。
いくらかRTLFを使ってみた人や、ゼロポイントフィールドアクティベートした人なら、
だね。何にしろどうでもいいよね。何をどうするか、しないかは、結局、趣味だよね。
と、こう、うなずけるわけであるが、
どうでもよくない人にとっては、なんだそれそれだけかよ偏差値30台だったけど難関大に合格した
的な奇蹟の大逆転ってねーのかよ、といったふうな、そそらないフレーズであろうと推察する。
それと、ゼロポアクティベートできている人なら、
この種の品物を買うべきかどうかということで悩まないであろう。
買うのであれ贈られるのであれ、必要であれば然るべき時機に入手できる流れができるし、
でなければいらない。どっちにしても気にかけるのはマインドエネルギーのロスである。

いろんなことがどうでもよくなる、ということは、裏返せば、
いろんなことがどうでもよくなかった、ということだ。
生活、自分にとり特別な意味をもつ活動、交友範囲内の諸事、社会情勢、形而上宇宙での動静も。
それらと向き合い、改善や向上のために情報を収集し、研鑽し、意見を求め、ときに議論し、
ときに耐え忍びと、努力していたと。
そうしないと混乱したり、変化からとり残されたり、心が痛んだり、あとで困ることになるから、
つまりはどうでもよくなかったからである。
それらはすべて物理上の現実と見えて、じつはマインド劇場で上演されていたオペラであった、
向き合って取り組むべきたくさんの理由をこしらえて、それを根拠に向き合って取り組む姿勢を
とっていたからそうなったのであり、
本当のところ全部どうでもいい、どうにでもなる、
敢えて向き合って取り組むのもよし、
そのときどきの感じ(周波数)に沿って、流れのままに動くのもよし、どうするかは趣味嗜好の問題、
と、どうでもよくなってはじめてわかる。
地と図の重要性が反転して、その形自体は変わらないが、図にフォーカスしなくなり、
図にフォーカスしなくなると、
図を変えるために削ったり継ぎ足したりと一生懸命に図をいじっていたのが、
地と図の双方からなる全体が変わって、その結果、全体の一部である図も変わる。

どうなるんだ、と注視していることって、ほんとに変わらない、あるいは期待はずれになったりする。
注視という行為の心理に、変化あるいは的中の確率を大幅に下げるような、
ネガティブな傾きがあるように思う。
もっとも「私」から身体、心、魂といったような嵩(かさ)が消失して、統覚視点だけになってしまうと、
もうわざわざ特定トピックを注視したりなんてしませんが。
いろんな「感じ(周波数)」に気づくようになって、それどころじゃなくなるから。

RTLFのようなグッズやゼロポアクティベートは基礎体力づくりみたいなもので、
原則、それ自体で何か神通力を発揮するというものではないけど、
高次像(微妙な感覚)‐マインド像(中程度の感覚)‐物理像(濃い感覚)
という、個々の「私」宇宙のコヒーレンス化(整序化)を促すことによって、
マインドに張りめぐらされた客体‐空間‐時間思考システムがどうでもいい化(相対化)していって、
「私」から剥がれやすくなり、離脱しやすくなる。
客体‐空間‐時間思考への気づきは、まだその枠内にいて、「私」に嵩があるときに訪れるので、
この思考システムが動かすゲームから退会してアカウントを消す、ということは、
嵩つきの「私」の状態で決断しなければならないのであるが、
それも、やめたい関係が自然消滅し、最後に形式的に書類に押印する、みたいに、
自然ななりゆきになると思う。

いろんなことがどうでもよくなる、ということは、
無自覚なくらい馴染んでいる「何かしなくちゃ」という行動強迫、生産強迫、表現強迫がない、
ということで、
何をしていても、どんな状態でも、つまりは存在している、
世界のなかに「私」という身体や、心や、魂がいるのではなく、
「私」が世界を認識して創造している、「私」が世界として存在している、ということである。

「存在」とか「存在している」というのは、
客体‐空間‐時間思考システムに対応している言語による表現なので、
存在してるだけ? なんですかそれ、ってことになって、
活気がないとか、覇気がないとか、三年寝太郎、あるいは、
ささやかな日常風景に感謝、みたいなことで小さくまとまったライフスタイル、
といったイメージがつきまとう。
しかし実際には、「私」は間断なくさまざまな「感じ(周波数)」を感じて創造しているので、
存在していることはじつに忙しい。
私は、自分に嵩があったときでも、昨日の出来事などは前世の他人ごとのようだと感じていたが、
もはや並行世界にある潜在場面くらいの濃度しかない。

ところで、RTLFのキットには、「ディヴァインマザーカード」という怪しげなw女性のカードが2枚添付
されていますが、読者さん(複数)からうかがった限りでは、
これを活用しておられる方は少ないみたいです。
これは、石とは別に、カードだけ両手に持ったり、両手に持って瞑想しても効きます。
もちろん石といっしょでもいいけど、私は実験のためにカードだけで瞑想してみました。
身体のフシブシに疲労感があるとか、
自己評価激落ちの黒歴史がフラッシュバックしてきて自己批判モードになっている、
反対に心のなかで他人の取り調べや心理分析、批判が止まらない、
というようなときにヒーリング効果があります。
昨秋だったか、手持ちの2個の水晶球にカードを立てかけてみたところ、
すっごいパワーが増幅したので、
クリスタルと併せて室内に置いておくのもいいかもです。
あと、数日前、ふと思いついて、
虹の橋を渡った猫たちの遺品のそばに石とカードを置いてみたら(順々に数分ずつ)、
自分と部屋の波動ががーんと上がった。
猫たちはみんな次のステージで活躍していてテラの思ひ出どころじゃないんだけど、
飼い主のほうに「もっとしてあげられたことがあったはず」という思念があり、
それが浄化されたのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2019/04/06(土) 16:38:03|
  2. RTLF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

RTLF(Return To Love Frequencies)という不思議グッズ

2017.9.10(日)

電子書籍の制作・販売サイト「パブー」で出版したZPF(ゼロポイントフィールド)文書
(ブログ右「出版案内3」)が機縁となって、RTLFという不思議グッズに出会った。

RTLF(Return To Love Frequencies=愛に戻る周波数、波動)とは、
2個で1組のガラス製の石で、
これを左右の手に握ると、ZPFにつながって、心身の波動がコヒーレントになる
(波が整ってエネルギーが伝わりやすくなる)という品である。
拙著の表現でいうと、個々人のソウルコスモス(魂宇宙)にZPFという軸が通り、
見える帯域であれ、見えない帯域であれ、放っておいても最適化されるということだ。
製品を握るだけでZPFエクスプレス。そんなご時勢になったのね。
というか古代エジプト人もこれ様のものを使ってたらしいのですが。

RTLF(原則として右手にもつ)
RTLF(右)
RTLF(原則として左手にもつ)
RTLF(左)

ふうん。ほー。へー。
不思議グッズを扱う会社の物販カタログ、オカルト雑誌の同様の広告に慣れている自分は、
国内でRTLFの販売を手がけておられる方の公式サイトを見ても、別に驚かなかった。
このテの品がいんちきとは言わんよ。
評価のむずかしい不思議グッズといえども、
あからさまにいんちきだったりプラシーボ(思い込み効果)だったりすれば、
市場から消えるであろうし。
ただ、不思議グッズはもつ人、使う人との相性がとても大事。
公式自然科学で真贋を判定できない、しにくいとなれば、
相性がその物の価値を決めるといっても過言でないかも。
相性がわるいと、ネガティブな影響が出ない、最悪無害で終わる品だとしても、
自分の目の届く空間にそれがあるというだけで落ち着かなくなるし、
不思議な品だけに処分にも困る。

不思議グッズ、あるところにはいっぱいあるからね。

と、RTLFなる品に対してもクールなスタンスでいたのだが・・・
私は冒頭に書いたような事情から、販売されている方と直にお会いしたのだが、
その場で手に載せてみると・・・やばい。強い。いまだかつてないくらい強烈。
物理的に電流かなんか通ってるんじゃないかと思うくらい、ギンギンくるのである。
「こんなん効くのかなぁ」という半信半疑じゃなくて、
「よく天界が許したな」「こんなん扱って、土星評議会から何か言われないのかしらん」
といった雰囲気のアヤシサが。
なんか、ブツの存在感がハンパなくて、気圧される感じでそれを自宅にもち帰ったのだが、
ぬぁんと、専用の箱に入れ、紙袋に入れ、それをショルダーバッグに入れ、という状態で、
電車に乗っている間に、2か月間接骨院に通ってもさして改善しなかった、
腰痛と五十肩(どちらもおそらく筋膜のよじれからくるもの)がみるみる軽快したの。
吊り革につかまって立っていても、足裏、腰、背中など、左右のバランスがよくなり、
痛みや重さが抜けていく。
そういうことが現在進行形で起こった。

さー計算してみよー♪

1回の施術料(健康保険扱い)700~1000円 × 月10~12回 = 7,000円~約1万円

診断ではだいたい半年くらい通ったほうがいいと言われていたから(しかし私は2か月で
やめて、セルフケアに切り換えた)、
7,000円~1万円 × 残り4か月 = 28,000円~4万円

コンドロイザーなどのサプリメント 3,500円(ひと月) × 4か月 = 14,000円

治療に要する費用合計 42,000円~54,000円

で、RTLFの価格が5万円(税別)だから、この場合は、この効果のみでもおおよそ
採算がとれた勘定になる。
つまり私の場合は、電車に乗ってブツを運んでいる間にペイしてしまったのだ。

この5万円という金額を高いととるか、リーズナブルとみるかは人によるであろうが、
精神世界系の著名な先生や、海外系の講師の個人セッション、ワークショップ代金が
おおよそ4~5万円だから、それに相当する金額とみていいでしょう。
あと、家族と共用にしたり、他人に貸すのもOKで、そのつど浄化する必要はありません。

RTLFを掌に載せるか、そばに置いて瞑想すると、
「自分本来の周波数でいる」「波動がコヒーレントになる」「魂宇宙が整う」とは
どういうことか、実感でわかります。
ヒカリっぽい明晰でまっすぐなエネルギーが、まっすぐに降りてきて、
空気の澄んだ山の上よりもさらに上にいる感じになる。
親族系人間関係の浄化にRTLFを使ってみた豹専務は、
「どしゃ降りのようにエネルギーが降ってくる、けど、この小さなガラス製品は微動だに
していない。ふしぎ」と言っていました。

RTLFのひみつは、ガラスのなかの渦渦した形にあるみたい。
これは「波動クリーム」といって、
開発者のインド系イギリス人女性ヒーラー、スリーティー・エンジニアさん(本名)が、
もともとクライアント個々人向けに調整してボトルの形で渡していたものを、
誰でも使えるような形態にしたのだとか。
一見したところ、職人さんに仕様を伝えてつくっている工業製品ぽいんだけど、
スリーティーさんが製造過程にどうかかわっているのか、
渦渦の素材は何なのか、
そのあたりはコカコーラの成分さながらに極秘みたいです。

ご興味のある方は下記RTLF Japanのサイトへどうぞ。
http://www/rtlf.jp
なお、運営者のYukiさんに確認したところ、製品に付帯するサービスである「カウンセリング」とは、
RTLFの使用方法に関する相談に応じるということであって、
個々のお客さんの問題に対応するという意味ではないとのことです。
  1. 2017/09/10(日) 18:35:24|
  2. RTLF
  3. | トラックバック:0

白のコレクションとデムパワーク

2015.5.14(木)

谷中銀座の入口の店先で、首輪をした白猫に出会う。白猫だけど、
そこらへんでさんざんすりすりしているのか、ロシアンブルーと見まごう色合い・・・。
この猫を撮らんと、かがんでカメラを構えた女性が声かけしているのだが、
銀猫はクネクネしたり回転したりして、ちっとも撮らしてくれんのだった。
はは、猫なんてそんなもんよ。

この谷中銀座を途中で右折した先にある、住宅街のなかの住宅と見まごうギャラリーで開催された、
白い服の作品展を拝見した(「ここにはなにもない白のはなし」2015.5.13~17日/kuuさん+AYUKIさんによる)。
ちなみに主催者のひとり、kuuさんはFC2ブログ「いろのわ」の管理人さんです。展示については下記を。
http://ilonowa.blog.fc2.com/blog-entry-503.html

純白からベージュに近い生成り色までの白のヴァリエーションにオーガニックぽい素材、
そこに金や銀のラインで引かれた図形チックな紋様のある服が、いろいろ展示販売されている。
全体的にユルいシルエットが多く、伝導率がよさそう。チャネリが通りやすそう。
だが、アナコンダ柄やスカル柄のマフラー(春用)にドルガバのサングラスで外出するような
エッジィな豹専務に洗脳されてワルい宇宙人になっている私は、
レザーやファーと組み合わせるとエロくなるかもしれん、てなことも考えていた。さーせん。
2、3点、ハンガーにかかっていた穴開きの白いTシャツには既視感あり。
これはアケルナル星人が着ていた服のデザインと似ている。

行き帰りの電車のなかでは、そのつもりはなかったのに、ずっと瞑想状態だった。
もう8年も前のこと、夜、ひとりで電車に乗っていて、
時間の流れから切り離され、別の時間軸を漂泊している感じのしたことがあった。
2012へと向かうふたつのタイムラインが、どちらも確率50%でぴったり重なっていた時期が、
たしかにあった。
その終わりを見届けること、
彷徨い出てはみたものの、乗らずにクローズしたタイムラインの残像を、
ダークエネルギーの大海に解き放って成仏させること、
これがその日(13日)、外出を促されたことの裏目的であった。

前日、時間にすれば数秒というくらいのわずかな間に、ヒト類が一斉アセンドした世界を視る。
terraの惑星意識との再契約、
この惑星に関与するあらゆる生物、微生物、無機物との共生、ハーモニー。
1つの種の意識に、グループ意識のように、限界まで近づいて、惑星と夢を重ね合わせること。
「レムリア」という符号の回帰、再生。
これが、ゼロ年代から2012年末まで大騒ぎだった「アセンション祭り」で着地点とされていたステージだ。
(もしこれが成っていたなら、私はもう任務終了で、地球に物理体として存在してはいなかった。)
しかし、それはどこまで行っても、どんなに美しくても仮装である。
地球星人は、物理体の基礎設計を猿類から借り、ゼータ型のヒューマノドまで時限解凍して進化させたが、
いかに装ってもヒト類にはなれず、
その実態は、河童、天使、宇宙人、名状しがたい意識体などなどの坩堝なのだから(ネイティブ地球星人
も太陽系宇宙人である)。
だから、祭りの舞台裏では、「ネガティブ」のレッテルを貼られがちな存在たちを中心に、
坩堝を坩堝のまま放流するアンドメダモデルが粛々と進行していた。
私たちは、レムリアから測れば退化してしまったかのようなアトランティス(ニューアトランティス)
からはじめて、まるでアンドロメダ銀河にいるような耳障りな音響に晒されながら、
そうとは知らずに第5密度に至る。

瞑想状態にあった間、プレアデス星団とシリウスのハイブリッド存在であるアニータ=クラリッサと
ずっとおしゃべりしていて、彼女がプロテクトの結界を張ってくれてもいた。
電車のなかって、いろんなエネルギーが飛び交ってるからね。ありがとうアニータ。
公共の乗り物や建物などのなかで次元旅行をする人は、この点にも注意して、
プロテクションを怠らないようにしましょう。シャレにならんくらい公共=交響ですから。
  1. 2015/05/14(木) 15:24:08|
  2. 不思議なお店
  3. | トラックバック:0

聖天、吉祥天、弁財天キャンドルのリキ

2014.1.20(月)

13年末、不思議の巣窟「ハッピー☆マジック」のオーナー兼マイスターから、
ガネーシャ(歓喜天ないし聖天)、ラクシュミ(吉祥天)、サラスヴァティ(弁財天)の
キャンドルを購入しました。
これらは、ディワリという、ヒンドゥーの新年のお祝い(10月末~11月初旬ごろ)イベントのさいに
製作されたもので、下記のようなエネがチュー入されているとのこと。

 ガネーシャ(黄)・・・障害を除き、財をもたらす
 ラクシュミ(ピンク)・・・美と豊穣、幸運をつかさどる
 サラスヴァティー(薄紫)・・・芸術、才知をつかさどる
 ※それぞれティーライトタイプ4個で1セット。1セット1,800円(送料別)。
   2014年1月現在、HPには未掲載ですが、注文すれば製作してもらえるとのことです。

はじめに、それぞれ1個ずつ、3種類いっぺんに焚いてみたところ、
にゃんと、新年早々に、浴室リフォーム資金が魔法のように捻出されるという来福がございました。
(長年の間にさまざまな不具合が重なり、拙宅ではあれこれ人智で工夫しながら入浴していたのです。)
そのほか、徒歩圏内においしい洋食店やインド料理店がオープンしたり、
ずっと欲しいと思っていたカルロス・クライバー(指揮者)のオムニバス盤CDが
小学館からCDつきマガジン(クラシック・プレミアム)として発売されるなど、
あれやこれやと、よきことアリアリだったのです。ありがとう。合掌。

なかでも特筆すべきは、
平常心がグンと底上げされた、ということでしょう。
願いごとがかなうのは凸、これはたちまちプレーンに戻る(凸→■)。
問題が解決されるのは凹、解決されてプレーンになる(凹→■)。
が、平常心が底上げされるというのは、
とくに凹凸のないプレーンな状態で、プレーンなまま拡張されるんだからね。□→

3種混合(←犬猫のワクチンかよ)のあと、それぞれ1種類ずつ瞑想時に焚いてみたのですが、
そのときの使用感は自分的には次のとおりです。

 ガネーシャ・・・高性能な掃除機で、一瞬のうちに何かが吸いとられた感じ。
          クリアリング効果がすごい。
          あっという間に波動がコヒーレントになる(キメが揃う)。
 サラスヴァティ・・・自分の中心に意識が集中する。直感、直観が冴える。
            (試験やライブパフォーマンスの前などにもキクかもしれないと思った。)
 ラクシュミ・・・自分を含めた周りの世界全体への肯定感が増す。
         無根拠に至福度がアップする。

じつは、ガネーシャのキャンドルについては、製品が企画される前からハイアーセルフに推奨されて
いました。
13年10月ごろから「黄色いキャンドルを購入するといいぞ」と画像つきで勧めてくるのだが、
H☆Mさんの定番商品のなかには見当たらない品だったので、
何のことやらわからんかった。
それが、翌月、ブログの記事でリリースされていて、黄色いキャンドルの正体がわかったのです。

神仏習合を超える異教の混合を祝福する(笑)アッシジの聖フランチェスコ
ディワリキャンドル



このブログの管理人(みけ)の著作(PCでも読める電子書籍)をご覧になりたい方は
下記、または右サイドの「出版案内2」「出版案内1」からどうぞ。
『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』http://p.booklog.jp/book/76592/
『多次元対談・宇宙人といっしょ』http://p.booklog.jp/book/70921/
  1. 2014/01/20(月) 16:00:30|
  2. 不思議なお店
  3. | トラックバック:0

庭園水晶(追記あり)

2013.12.3(火)

ガーデンクォーツという水晶玉を買う。
これは水晶玉のなかに緑色の内包物(クローライトというらしい)があって、
「庭園水晶」とか「苔むし水晶」とも呼ばれているそうだ。
水晶玉の存在、ヴァイブレーションに、宇宙人としての私を強く喚起する何かがある。

しかし、うちにはすでにふつうの透明な水晶玉が一個ある。
アメジストやらフローライトやら、ほかの石もある。
このうえ、また水晶玉を買ってもよいものか? という点を、私は懸念した。
私は、長年クリスタルに親しんで、扱い慣れている人ではない。
鉱物はわりと好きなのに、世間のパワーストーンブームに影響されてか、
クリスタルなんぞというものはオンナコドモが夢中になるもの、
武士(もののふ)のかかずらうものではなくってよ、という偏見もあった。
ここ2年の間に、デムパ憑りが加速するとともに、急に増えたのだ。
なので、これ以上、石を増やしてよいのか、しかも水晶玉がカブるぞ、
ジェラシー渦巻く大奥のようになりはすまいか、
すべての妻を平等に扱うなどということが私にできるのだろうかと心配だったのである。
(これは猫の4頭飼い経験から来ているのかも。先住猫には気を遣うからね。)
この点を販売元のNostalgic Mauveさんにうかがったところ、
「石の意識や時間感覚は人間とはまったくちがうから、全然だいじょうぶです」
とのことだった。安堵。
家にもって帰って配置してみたら、あら不思議、たちまち溶け込んでしまったし、
先住の水晶玉とも、連星のような雰囲気を醸しだしている。ううむ・・・不思議なり。

ガーデンクォーツを買ったのは、某所で開かれたひみつのティーパーティーの会場でだった。
ここでは、天使系のセレモニーも行われ、
各人、主催者の方を経由して某大天使のメッセージを拝聴した。
私にもたらされたメッセージが、人間聴覚で聴きとれたものだけでも、
最近の自分の動向と合致していたのに驚く(人間聴覚で聴きとれていなくても、デムパで浸透
していくからOK)。
主催者の方は、全身で大天使をイタコってて、何を喋ったのかとんと憶えておられないというのに。
しかも、私が選んだガーデンクォーツの振動も、このメッセとリンクしている。不思議なり。
また自分が、自分の思っていたよりずっと深く人間世界に入り込んで人間の勉強をしていたとも
告げ知らされて、非常に意外であった。
思えば、激しい変容症状を通過したことも含めて、ここ1~2か月の間に起きたことは、
全部ここに誘(いざな)う流れであった、ということはじつは参加する前から勘づいていた。
あまりにも伏線くさいので(笑)。
宇宙存在Sophia、あなたにしてはわかりやすい、セキララなフローを示してくださってありがとう。

ここが節目、これより先は茫漠とした予感があるばかりで未知数だが、
大天使の「おおいに楽しんでください」との言にしたがいましょう。

それはそれとして、この日の指導教官は壇蜜さんテイストだった。
自称Mの壇蜜さんをドS変換すればこうなるって感じ。


12月5日(木)

下の青いプレート状の石は、2年前にNostalgic Mauveさんで購入したスミソナイト
という石である。
2年の間に、石の表情がずいぶん変わった。
一見すると、「なんや、同じ石やないけ」と映るかもしれないが、
輪郭が若干、角ばってきている。
また、写真ではわかりにくかもしれないが、平らで滑らかだった石に勾配ができて、
少し反り気味になっているのだ。
加工していないのに、固いかた~い石の形が変わるってどういうこと?

2011年10月8日
石(縮小)
      ↓
2013年12月5日
スミソナイト

気になったので、ティーパーティー会場に持参して店主さんに見てもらったところ、
「“遊び”のエネルギーがチュー入されてますね」とのことだった。
指導教官によれば、「地球の猫じゃない猫の肉球が視える」のだそうである
(宇宙猫が踏んだ?)。

このプレートのスミソナイトは、もともとはフワッとした雰囲気で、女性的な、
周囲を包みこむような癒しっぽい波動の石だったのよねん。
それが「ケケケケ(笑)」みたいなエッジの効いた石に育った。
これも運命か。



このブログの管理人(みけ)の著作(PCでも読める電子書籍)をご覧になりたい方は
下記、または右サイドの「出版案内2」「出版案内1」からどうぞ。
『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』http://p.booklog.jp/book/76592/
『多次元対談・宇宙人といっしょ』http://p.booklog.jp/book/70921/
  1. 2013/12/03(火) 17:46:37|
  2. 不思議なお店
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3(パブー閉店のため2019年9月30日まで)

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2(パブー閉店のため2019年9月30日まで)

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1(パブー閉店のため2019年9月30日まで)

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (22)
社説 (26)
ひみつの閉架書庫 (55)
デムパ話 (24)
超デムパ話 (7)
新世界への回帰 (79)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (8)
仮想集合システム (27)
コミットメント (5)
次元上昇 (5)
デムパなメソッド (10)
ナチュラルトランス (14)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (8)
不思議なお店 (8)
RTLF (2)
未分類 (15)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (4)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: