ソロ・パブリッシュ

エア充。

融解

2017.10.12(木)

税務署から「近日中にぜひいらしてスィートハート」とお呼びがかかり、約束の日時に出頭する。
所在地が郊外で電車の本数が少ないためにかなり待ち時間ができ、
税務署のロビーで豹専務から借りた凪良ゆうさんのBL小説『憎らしい彼』(徳間書店キャラ文庫)を
だいぶん読み進んだ。面白い。面白いよ。
私にも豹専務にも男子間恋愛への萌えはケほどもないが、
男子間恋愛というモチーフで表された個々人の関係の多様さ、
その精妙な力学と機微をとらえる繊細なセンスに惹かれるわ。
ヘマタイトとタイガーズアイを携行したせいもあって、ほとんど疲れはなく、
帰宅してなんやかや用事をすませたあと、カレーを食べ、
youtubeでショコラータとゲルニカを聴いて瞑想して就寝。

「平成20年の書類にまつがいがあって、平成28年に修正申告すれば6200円還付できたのだけど、
残念ながら平成29年だともう時効なの。でもまつがいは繰り越されてるから、
書類は直していただかないといけないわ。
9年分の書類の該当箇所に二重線引いて営々直すなんてお嫌でしょうから、
こちらでまとめて修正しといたげた。確認して押印して頂戴。
本来ならこの更正のためにほかにもいっぱい書類提出が必要だけど、
あたしの一存で簡易手つづきになるよう取り計らってさしあげたのよ。よくって?」
てな内容を専門用語を散りばめて説明してくだすったのは、
黒のデコルテとか乗馬服ではもちろんなく、グレーのパンツスーツにピントのずれたナチュラルメイク、
ロンゲの若手男性芸人ふうの髪型をした女性職員さんである。
いまどき、ここまで公務員チックなコーデの公務員がいるだろうか、ドレスコードでもあるのか?
といった外見に加えて、口調もえらくクラシカルで、デンワのときからそうだったんだけど、
印鑑を「お忘れなきよう」って、口語で言う? あなたの素ですか?
「あの、ですね、このまつがいが生じたのは、わたくし、以前、別の管轄地に申告していたさい、
同様の処理について、その管轄地の担当者から、こうしなさいと訂正されたんですね。
で、平成20年の申告でも当時の訂正にしたがって記入したのですけども(むかし、税務署の人に
聞いたとおりに書いたんだよ)」
と述べたら、
「税法が変わったのよw(税法って経済状況に応じて変わるのよ。ちゃんと情報収集なすって)」
と、あっさりいなされてしまった。
なんか、絵に描いたような公務員っぷりにびっくら絶句して、
「昨年に修正してれば6200円返ってきたのなら、なんで昨年のうちに言ってきてくれんのだ!」
とは突っ込めなくなってしまったわ。
お役所の人と話したことは何度もあるけど、こんなのはじめてよ。

意地悪ではなかったし、職務のストレスを市民への八つ当たりで発散させてるふうなエバりもなかった。
どっちかというと、まじめすぎてだいじょうぶ? 的な。
この方のような宇宙もあるんだなぁ、と、なんか感慨を覚えたす。

ショコラータとゲルニカを聴いてるうちに、ただでさえ希薄な年代とか時代の感覚が融解する。
リアルタイムだとネットはおろかwindowsすらない、てかひょっとするとMS-DOSもなくない?
という線形時代背景が信じられず、マンデラ・エフェクト(記憶の書き換え)が起きそう。
こういう曲こそ配信でリリースな感があるのに。それかいっそ蓄音機だね。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/12(木) 16:51:59|
  2. この女(ひと)を見よ
  3. | トラックバック:0

ピュシスねえさん

2016.8.15(月)

壁は瞑想している。
水道の栓も、蛇口から流れてくる水も、瞑想している。
床も、その床に立っている身体も。

物体という物体はすべて、瞑想している。

壁の色や素材、水道の水の動き、床の感触、
それらは、感覚系がとらえて、「熱い」とか「冷たい」などといった感覚のついた、
まとまった像にしたものである。
その像、その像に統合される感覚、その向こうに物そのものがあるのかどうかは、
絶対にわからない。
でも瞑想はある。
感覚の向こうに、感覚で触知できない、感覚が届かないその奥に、
瞑想としか言いようがない、滔々として非常に静かな営みがある。
むろん瞑想は、物の輪郭面によって区切られているわけではない。
壁の瞑想、床の瞑想が、それぞれ別にあるわけではない。
瞑想はひとつ。

ピュシスとは、ギリシア語で「自然」という意味である。
プロティノス哲学の研究者であるOkanoさん(リンク先一覧にある「神秘主義哲学の立場から」
の管理人さん)にうかがったところ、ピュシスは女性名詞とのこと、
また、プロティノスの著書『エネアデス』の翻訳文中には、
寡黙でおとなしい、「若草物語」のベスみたいなキャラでその独白が綴られていたので、
物理世界一切の構造設計家である自然のことを、
私は勝手に「ピュシスねえさん」と呼んでいる。

人が愛でる木々や草花、清流、澄んだ大気、小動物のみならず、
人が忌み嫌ったり怖れたりする濁流、濁った大気、ある種の昆虫、腐敗した有機物、排泄物、
放射線や化学物質も、
人の実用品である家具、食器、家電、通信機器などの類も、
人の身体も、
物理世界のありとあらゆる相が、ピュシスねえさんの作品である。
彼女は、「これは素敵」とか「これはサイアク」とかいった思惑を一切はさまず、
ただ黙々と、湧き出るようにこんこんと、倦まずたゆまず、仕事を遂行している。
区別なく、起伏なく、すべてに対して等しく、全方位神対応で。

私の感覚の向こうに降りている瞑想は、ピュシスねえさんの瞑想なのか。
それとも瞑想しているのは私=魂なのか。
そう問うと、「瞑想はひとつではなかったか?(ソフィア@シリウス)」という声が届く。
ならば、この区別は無意味ということか。
これは、「荘周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に荘周と為れるか」の心地を想起させる。

私は、私の反応(感覚や感情や思い)に気づくこと、
無意識に「これが私」と同一化してしまいがちな反応を意識していることが、
観察だと思っていた。
ちがう。そうじゃないのだ。
感覚や感情や思いは、たしかに通り過ぎていく。そして何度もめぐってくる。
輪廻するのは生命ではなく、こうした反応なのである。
その向こうにある、事物の(と、敢えて書く)瞑想を見ることが真の観察なのだ。
そして、瞑想を見ることが瞑想である。

そうしてみると、面白いことに気づく。
スピリチュアリストの人たちが、たいてい「思考」のフォルダに入れ、そこから削除→
ごみ箱を空にする、という処理を推奨している「言葉」。
しかし言葉も瞑想しているのである。

たとえば、メディアで誰かが私をイラっとさせるようなことを言っているとする。
または、「こういう人には何を言ってもだめだ。言葉が通じないわ」
と思ってしまう文章を見る。
そうした火花のような反応が過ぎ去ってしまえば、
発声された音声とか、書かれたり印刷されたりした文字は、
深々と瞑想しているのである。
  1. 2016/08/15(月) 15:35:01|
  2. この女(ひと)を見よ
  3. | トラックバック:0

彼女と私、あるいは運命愛

2016.7.23(土)

ネットを使っていて、偶然、ある人の近況を知った。
この人のことは、人づてに聞いたり、ネットでのご本人の投稿を拝見したりして、
知ってはいたが、会ったのは友人の葬儀で、一度だけ。

その近況を綴った文章を読んで、私は喫驚し、沸々と笑いがこみ上げてきて、
その沸々とした笑いのテンションが翌晩までつづいた。
すごいとか、さすがとか、そんなありきたりな形容をはみだしてしまう、この沸々。

この人は、かねてから目論み、公言もしていた、ある信じがたい計画を実行に移し、成就させた。
のみならず近年では、新たなプロジェクトに着手して、それも進行中である。
この人のアストラル辞書には「もしも~」とか「こうなったらいいな」といった仮定法的な文例は
ひとつもなくて、やると決めたことは必ず完遂する。
この人が「欲しい」と言ったら、それは希望ではなくて、意志表明であり自分への命令である。
眼前にコンスタンチノープルの全景を見下ろして、「この街が欲しい」と言ったという、
メフメット2世を連想させる。

私とこの人は、ほとんど縁がないが、まったく無縁というわけでもない。
だからこそ、会う機会もあったのである。
他人を鏡とするならば、そこに映らないほどのシャドウではないが、
アイコンタクトもとらずにすれちがっていくような、なんとも絶妙な縁のなさ。
そういえば上記の葬儀のおり、この人は1オクターブ高い音程で讃美歌を歌っていて、
みごとに美しいソプラノだったが、
私はそのままのキイでもキビしくて、途中から1オクターブ下げて歌っていた(笑)。

声がソプラノでも、この人は女神とか女王なんてタマではない、皇帝だ。
妬み、やっかみ、サイキックアタックなんぞ、この人にしたら屁みたいなもん。

その人が、意中の構想を着々と実現させていった間、さて私は何をしていたかといえば、
かつては欲しかったのかもしれないものが、次々に霞んでフェイドアウトしていき、蒸発してしまった。
どんどん左螺旋回りに退き、内に引きこもり、話す相手が(人間では)ほぼ豹専務だけになり、
部屋に座って瞑想したり、見えないお友だちと交信したりしているのである。
数年の線形歳月の間に、もともと別々だった星が、
一方は数多の惑星をめぐらす恒星系となり、
もう一方は銀河から遠く離れて孤立する遊離星となったかのよう。

近況報告を読んだ夜、私は、
指導教官が「他人のために祈った祈りは届く」とブログの記事に書いておられたのを思い出し、
この人の繁栄と成功と、宇宙の加護を祈った。
この方は精神世界チックなことには接しておられないと思われるので、
まず気づかないだろうが、そんなことはどうでもよ~。
サプライズをありがとう。幸運であれ。
  1. 2016/07/23(土) 16:31:06|
  2. この女(ひと)を見よ
  3. | トラックバック:0

統べる女(ひと)~サリゲに超デムパな話(追記あり)

2015.7.22(水)

ここ数日、滑る女、もとい統べる女という象徴が動き、活性化しているのを感じます。
ハトシェプスト帝、則天武后、エリザベス1世、マリア・テレジア帝、エカテリーナ2世、
日本国だと、推古帝から持統帝くらいまでの飛鳥時代の女性天皇の系譜(+蘇我氏につながる
ユーラシアン・ペガサス=騎馬民族の女性族長)。
私が知らないだけで、この符号を担った人物はもっといるかも。
個々の人物がどうとかではなく、そういううねり、流れ、ヘーゲル的にいうなら精神というものがある。
それと、そういううねり、流れを誘う、動かすためのアメノウズメ的な歌舞音曲が、
華やかさ、艶やかさを放ちながら席捲していく。

このうねりは、いまだジェンダーが固定していて、60°とか90°といったアングルでとらえることを
封印している地球星人にも影響します(アングルでとらえていれば当然、反転も可能)。
たとえば、ある集団の代表のポジションにいる男性が、自分の発揮するリーダーシップのなかに無自覚に
統べる女を滑り込ませる、無意識に女帝的な意思決定をする、といったような形で。

ヒト類社会では、世界を包括的にとらえる視点を女性という存在様式をとった存在に専有させることに
よって閉じ込め、処女とか少女とか娼婦とか淑女(orz笑)、
それに養い育てる役=オ母サンといったように、ステロタイプな元型をつくって分割してしまいました。
だが、本来は分割されていないし、できるものではない。
聖母と娼婦は同じ女優が演じる同一人物であり、
遡れば世界を包括的にとらえる視点=統べる女です。

このうねり、流れがもつ圧倒的な力、量子跳躍力を怖れて閉じ込めたのは、男ではなく、
物理体に篭城しながら、環境と戦って、環境を克服しようとする私です。

ただ、世界を全体としてとらえる眼を封じるプロセスにおいて、
この眼差しを女性という存在様式をとった存在に割り振って降格したため、
裏面で、主語で語る私=男という等号が成立しただけ。
環境と戦い、環境を克服せんとする私は、性別にかかわりなく、そういう意識のありようとして
万人に定着しています。

したがって、統べる女の力が顕在化するとき、最も激しく執拗に抵抗するのは、
男ではなく、私であります。
抵抗するより開城しちまったほうが楽なんだけどね。

この動き、活性化は長期的に展開します。
それは、社会の表舞台で活躍する女性が増えるとか、女性の権利が制限されている地域で、権利の
回復が進むといった表れかたをするだけではありません。
じつは私も、「これって米国大統領選と何か関係が?」と問いかけて、
「そういう限定的なことじゃないんだよね」と返されている。
この力は、
従来の自然科学の法則に照らして不可能だとされていたような能力が、
どちらかというと密やかに、草の根的に、開花し常態化していく現象を推進し加速します。
不食(我慢や修行なしに何も食べなくてもいい状態に至ること)はその、ほんの一例です。

ヒト類という生物種の一員として、制限された条件のなかで、
「人間らしい」幸福や「人間的な」成長を追究したい、
そんな得体の知れない、ある意味バケモノじみた能力などいらない、という人は、
この趨勢にとまどうでしょう。
無意識の抵抗が大きければ、そういう現象自体、視野に入ってこないかもしれません。
「制限された条件のなかで」とは、言い換えると、予測可能な世界に留まっていたいということです。

このうねり、流れ自体は止められません。
地球星人だけ特例扱いというわけにはいかないし、
2012年の6月に、魔術師マーリンが女性皇帝という象徴をもつ流れに対してエクスカリバーを譲渡して
いるからね。

話は突然変わって。
ネットレス生活してた間に、指導教官から、
「非物理存在に念を送りまくったり、ストーカーじみたことをしてまでつながろうとする人がいる。
そんなことをすればするほど縁遠くなるだけなのに」
という話を電話でうかがって、笑いのツボに正鵠的中してしまった私。
だってだってだって、霊とかにストーカーされて困ってるっていうのは霊話としてよく聞くけど、
逆にエンティティ(非物理存在)をつけ回そうとするなんて可笑しいじゃないですかぁ。
で、試しに念を送りまくったりストーカーぽいことしてみようかしらという了見を起こし(結果的に
通用しないなら相手には無害だろうと思った)、
それには日ごろそんなにアクセスしない遠い存在がよかろうと、
標的にグランパ・マーリンを選んだのです。
そしたら意思決定しただけで「えっ、わしなの!? なんで!?」と返されて、
尾行をはじめる前からバレバレ、計画は失敗に終わったのでした。

統べる女の符号の活性化を感じたのはその次の日くらいから。
あながち、デムパ送りまくり計画と無関係じゃなかったような。

7月23日(木)

私を含め、私というのは力をもつことにビビってる、腰が引けてるんだな、と
あらためて思った。
誤って力をふるい、とり返しのつかないことになるよりは、
環境と戦ったり取引したりして、うまく行かなかったら環境のせいにしてるほうが
安心なんだな、と。
エクスカリバーが抜ける人を羨みつつ、自分がそれを手にするのは怖いわけ。

私が力を遣うのではなく、力が私を遣う(ソフィア@シリウス)、
力とともにある、流れとともにある、大船に乗っている、
それだけのことなんだけどね。

ヒト類プログラムに制約された「人間」の器を超えたくないと、
無意識に抵抗したり逡巡してる人はたっくさんいる。
そういう人を、むりに揺籃から引きずり出す必要はない。
さいわい、気がすむまで悩んだり思考錯誤する自由もある。

統べる女の符号をもつ光の大河、
これが何なのか、だから何なのか、視たときにはよくわからんかった。
これはマーリンが360°全方向にリリースしたものだ。
360°だから、女神が、女性性がなんちゃら、ということに関して、
いろんなことを、いろんな語り口で発する人が、大勢いる。
それも0°と360°で「スメラノミコト(女)」に統合される。
ヒメミコではない。もう「秘め」てはいない(隠しコードではない)からね。
女性ジェンダーの符号が付与されているのは、
私という枠を超えよと誘(いざな)うためだ。
  1. 2015/07/22(水) 18:28:53|
  2. この女(ひと)を見よ
  3. | トラックバック:0

見えない存在という層

2015.6.7(日)

二、三日前、瞑想していたら、豹専務が何かモノをとりに部屋に入ってきました。
彼女が去ったあと、数秒してから、
座っている私の左側に、豹専務のものとわかるアロマが立ちこめました。
香水やオーデコロンなどはつけていないのに、ですよ。
これは何、マーキング(笑)?
あとでこのことを豹専務に告げたら、「ありがたい?」と言われた・・・。

豹専務という人はすごくって、
いっしょに近所のラーメン店に行ったとき、ビールを飲みつつ塩野菜ラーメンを食べながら、ぺろんと
「“私”っていう感覚がなくなってる」と言う。
この人は、以前は気が向いたときに瞑想とかしていましたが現時点ではそういう精神世界チックな
エクササイズは何もしていません。
ときどき、私のブログの記事を「読んであげてもよくってよ」といってさらっと目をとおすくらい。
なのにこの体(てい)だ。
最初から青い鳥はおうちにいるとわかっている人というか、人が何年もかけて掘りだす鉱石を、ひょいと
道端で拾ってしまう人というか。
私はア然としてすげーと感嘆しましたが、羨ましいとか悔しいとは思いません。
こういうことって人によってほんっとにちがうんだよね。道がちがうというより、道はない。

で、今日、豹専務が出かけてしばらくしてから、瞑想していたら、
二、三日前と同じアロマが、やはり左側に降りてきて。
これは、プレアデス星団のピエトロ・ガリアーニという存在のものだとわかりました。
ピエトロは豹専務の同位体です。
次元や時空層を旅する人を案内したり、護衛したりする、アストラルトラベル社の社員の方。
私も以前にプレアデス星団の時空層を案内していただいたことがあります。
この、豹専務やピエトロのアロマというのは、
香りそのものというより、香りをともなう雰囲気といった感じです。
「大気」「星などの天体をとりまくガス」といった意味もある、英語のatmosphereの音に近い。

この一件に関連して、
宇宙人にしろ神仏にしろアセンデッドマスターにしろ、何々存在というのは姿形をもった個体ではなく、
世界を構成する層なのだということがわかった。
世界というのは、本当は私、あなた、彼、彼女、カップ、机、ボールペンといったように分離しては
いなくて、さまざまな周波数の層が重なってできている。
なので、ピエトロにしても私のガイド存在たちにしても、ほかの人やカップや机やボールペンとしても
存在しているのです。
ただ物理次元のやりとりは個々人や個々のものが分離してあるというお約束で成り立ってるから、
便宜上、地球上にある言語から周波数に近似値の音を選んで名前をつけたり、
キャラクターや姿形っぽいものをまとわせているだけ。

見えない層も含めて、この層全体をさすのがハイエストセルフという物理次元上の概念で、
便宜上、それをキャラクター化したのがハイアーセルフ。

そして私、たとえばこの「みけ」という存在は、
地球というポイントの物理層に近接した想念層(想念ゾーン)を担当しています。
便宜上、ガチの物理層+想念層を物理次元と呼んでいるけども、
物質になってはいない。
想念層は粒子まで収束せず、粒子まで収束した結果を受信し、擬似物理世界として構成するところです。
がっつり物質になっているのは気体、液体、鉱物などの元素系存在だけ、
植物や動物は物質と想念にまたがって存在しています。
「みけ」は想念層にいて、物理層に物理体というモニタリング機器を埋め込み、
高次の波が物理層で粒子化するイベントを、想念層で構成してモニタリングし、
高次サイドの層にフィードバックしている&イベントを成仏させている(終わらせている)のです。

なんだ、物理体って一種のデバイスだったんじゃん。

が。
想念層に直に顕れてこないもの(見えない高次波)を「そんなもんありゃせん」としていると、
イベントのなりゆきが不安で勝手にカスタムして複雑なことになっちゃうんですね。
うもー、めんどくさいから想念ゾーンにルンバ走らせられないかな、と思ってるんですけども。

そうか、層だったんだ(って、つまんねー!!! 座布団全部もってけ)。
  1. 2015/06/07(日) 17:05:50|
  2. この女(ひと)を見よ
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (64)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (128)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (89)
アセンションについて (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (15)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (21)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: