ソロ・パブリッシュ

エア充。

『おにいさまへ…』カルタ試案#2~はまやらわ編

『おにいさまへ…』カルタ、後半の「はまやらわ」もつくってみました。

は ハスキーボイス…!
ひ ひとりぽっちの鏡の部屋
ふ 蕗子さまの唇がふれたのはどっちの耳!?
へ へたくそな字でも読めさえすればよいのだよ
ほ 本宅のお嬢さまをはじめてそばで見る

ま マリ子さんはわたしよりずっとボインで…
み 右腕にいつも彫金の腕輪
む むせかえる新緑をすかすのは絹糸の髪。さら…さら…
め 明治神宮でね、昼寝をするのよ
も モナリザの君の本名は駒林リサさま

や やがてそのうちに恋愛感情にならないって保証はありますか?
ゆ ゆるされるはずのない思いにひしがれる
よ よくって!? 誰にもないしょよ、約束!

ら ライラック散る石だたみ
り 臨時生徒総会が炎上
る ルイ・アントワーヌ・レオン・フロレル・ド・サン・ジュスト
れ 冷凍食品しかない冷蔵庫
ろ ろうたけた白さの姉妹

わ ワル…この人…ワルなんだ
を おもう人 あらずんばこそ おもいやはすれ


『おにいさまへ…』という池田理代子さん作の少女漫画がアニメになった
のは1991(平成3)年。
まだ携帯電話はなくて、奈々子がだまされてソロリティの審査パーティの
時間に大遅刻してしまったおり、友人の信夫マリ子は公衆電話からテレカ
を使って電話してます。
携帯電話があったら、れいちゃん(=サン・ジュストさま)のケータイ
なんか、蕗子さま、奈々子、薫の君、朝霞ハーレムからの着信で凄まじい
ことになってるだろうな、と。
想像すると…(笑いの)涙が…止まりません。

原作は1974(昭和49)年に描かれてるので、
戦前の女学校ふうの、教養豊かな文語体的エスな雰囲気を濃厚に醸しだし
つつ、1970年代の風俗も反映されています。
サン・ジュストさまは学校に白いギターもってきちゃってるし。
マリ子の誕生日パーティに呼ばれたあと、強引にお泊りさせられることに
なった奈々子が、浴室でマリ子の胸を見て心の中でつぶやいた「ボイン」。
この語からは月亭可朝さんの「ボインはぁ~赤ちゃんが吸うためにぃ~」
という弾き語りが思い出されますが、
元締めはやっぱり、永井豪先生の『ハレンチ学園』でしょうか。
「ボインが西向きゃヒップは東」って、たしかに。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/29(月) 15:29:02|
  2. カルタあそび
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『おにいさまへ…』カルタ試案#1~あかさたな編

新聞で『ベルサイユのばらカルタ』(集英社/2,110円・税込)という
商品が発売されたのを知った。別冊『パーフェクトガイド』つきだそうだ。
なるほど、「文句があったらベルサイユへいらっしゃい!」など、ベルサイユ宮殿が文句があれば気軽に出向いていける新宿御苑か何かみたいに聞こえてしまうセリフなどは、なかなか切れ味があって楽しい。
シャトレ夫妻(ベルナールとロザリー)の家でじゃがいものスープを出され、
「アントレやアントルメはないのか?」
などと、皿数のないことに驚くオスカルさまの呆れポンチなセリフも、
個人的には好きなのだが、これはきっと入ってないだろうな。
ロザリーんちは三つ星レストランかっての。『デスパレートな妻たち』のヴァン・デ・カンプ家じゃないんだから、庶民宅を訪問してコース料理を期待するなよオスカルさま、って話のスジとは関係なく思わず突っ込んだ。

しかし、素っ頓狂なセリフ、場面が多いという点では、『ベルばら』の次に
描かれた『おにいさまへ…』のほうが上ではなかろうか。
と思ったので、とりあえず50音順で「あかさたな」までつくってみました。

あ あなたに似ているプペちゃん
い いけません、サン・ジュストさま!
う うたかたの恋
え エロ作家の娘
お お手伝いしてほしいことはたくさんあってよ

か 薫さまは白檀のかおり
き 貴族趣味といっておくれ
く くさってます、このサンドイッチ!
け 剣山をわざと。ああなんのために…
こ このわたくしが下座のイスに座らされたのよ

さ さかさ食パンの君
し 死の大天使
す 吸殻をコンパクトに入れる
せ 青蘭学園東門前
そ ソロリティの女王さま

た 立原道造とライナー・マリア・リルケ、それからサドも
ち 巷に雨のふるごとく、わが心にも涙ふる
つ ついでに下痢止めも飲んでおく
て デーモンはヴィーナスの姿を借りて語りかけるのでしょうか…
と 時計室の壁に宮さまのシルエット

な 涙が…止まりません…(←これはアニメ版)
に 楡の木のところで待っていなさい
ぬ ぬれて光る野ぶどうの露のような唇
ね ねらっているの。きっと入るわソロリティ
の 飲み屋の女中さんだった奈々子のママ


なお、蕗子さまがれいちゃん(=サン・ジュストさま)を雨の中に放置
する場面で出てくるのが「午後5時に楡の木のところで待っていなさい」
というセリフ。
フランス語の辞書によれば、
「楡の木の下で待て(Attendez-moi sou l'orme)」とは、
「待ちぼうけをくらわすかもしれませんよ」の意だそう。
この仕掛けには感嘆した。池田理代子先生ってすごい。
  1. 2010/11/25(木) 16:08:20|
  2. カルタあそび
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (64)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (128)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (89)
アセンションについて (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (15)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (21)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: