FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

ローズクォーツ・マジック

2018.4.12(木)

先週、髪を切りにいったときのこと。
店には、カットの最中のお客さんがふたり、そのほかに待っている人が2人いた。
男性スタッフふたりのうち、ひとりはずっとお客さんと会話しており、
もうひとりは黙々と仕事をしている。
私は、寡黙なほうの人に当たればいいな、と思いながら待っていたのだが、
その人は、そのとき担当していたお客さんのカットが終わると、昼食休憩に入ってしまった。

しゃべるスタッフさんのほうもお客さんが替わり、次の客とも延々と話をしている。
会社の営業がどうのこうの、接待がうんたらかんたら。
私は待っている間、軽く目を閉じて瞑想していた。周りには眠っているように見えたと思う。
スタッフとお客の会話は日本語なので、意味がそのニュアンスごと聞きとれてしまい、
ときどき気が散る。何回か、つい目を開けて作業の進行を確認してしまうこともあった。
それでも、瞑想に集中しよう! という意図は働かせず、
注意が会話に向いたら向いたまま、気が散ったら散ったままにしておく。
目が開いたら、また閉じる。
そうしている間に、どんどん“私”(輪郭だけのエゴ)は研ぎ澄まされていった。

またお客さんが替わる。
次は4月から中学生になったとおぼしい男児で、連れてきた母親が、そばで椅子に座って
待つ態勢。
新しいクラス、先生、小学校時代の友人、入部した部活の話などがはじまる。
スタッフ「やっぱり運動部だと、丸刈りとか、短くしないといけないんだ?」
子「いや・・・」
母「別にキマリはないんですけど、みんなだいたいそんな感じなので」
今度は母親も交えて3人! トリオ! でも実質はお母さんとスタッフさんの雑談。

お客さんが替わっても人数が増えても、ずっと一貫しているのは、
スタッフさんにもお客さんにも、雑談にタマシイがないということである。
どちらも間をもたせるためにだけ音声を発している。
「カットの間じゅう黙りっ放しなのも愛想がないから」お互い発声しているだけで、
本当のところ相手の話なんぞ聞いちゃいないんだよね。
そういうことって(波動で)わかるじゃん。私じゃなくても、誰にでも。

私はそういう会話が嫌いだ。やろうと思えばできないことはないが、
滑らないようにとか、あれこれ臨機応変にいたずらに工夫してしまい、
本心では「間をもたせる」ことだけが目的の人にそれをやると、あとでドッと疲れるので、
なるべく乗らないようにしている。
私が美容院じゃなく理髪店でカットしているのは、
理容師のほうがカットが巧い人が多いという理由が第一にあるけど、
話をしなくても放置しておいてくれるケースが多いという理由も大きい。
本当にホスピタリティのある接客サービス業の人は、
「いいお天気ですね」てなどうってことない言葉をかけるんでも“氣”が通っており、
そういう人がじつはそのへんのよくあるチェーンストアにいる場合もある。すごいことである。

そんなこんなで、自分の順番がくる直前になっても、待望の寡黙なスタッフさんは帰ってこず、
瞑想モードの“私”の輪郭のなかを、
「なるべく先方が気をわるくしないような言いかたで“トークはナシで頼んます”とお願いしよう」
という思考が駆け抜けていった。
ところがよ。
私が席につくと、さっきまで途切れずしゃべりっ放しだったスタッフさんが、
ぴたっと口を閉じたのだ。その人が口をきいたのは、
どんなスタイルにするかとか、髪のボリュームの調整とか、私の希望を訊ねたときだけ。
あとは終始だんまり。サウンドオブサイレンス。きゃー理想の状態キタ!

私は、一見したところ話しかけづらい人ではない。
むしろ逆に、この人なら話しかけてもOK~なオーラを全身で放っているらしく、
道を訊かれたりとか、「ウスターソースはどこに置いてありますか?」とか店の人ではないのに
訊かれたりとか、「ハーゲンダッツの新製品おいしいの?」といった商品レビューを求められるなど、
知らない人から話しかけられることがけっこう多い。
だからこそ、美容院でも整体院でも、私を担当する人はノンストップトークで対応し、
一度それに応えてしまうと断りづらくなるという輪廻に陥っていたのである。
それに、待ち時間には瞑想していて、考えることや感じることは受け身で観察していたので、
「どうか話しかけずに仕事してくれ!」と念を送っていたわけでもない。
なのにこの、テレパシーが通じたかのような豹変ぶりはどうしたことか。
ともかく、私はカットしてもらっている間、快適な時を過ごせたのである。らん♪

と、帰宅して、服を外出着からスウェット上下に着替えようとしたとき、
ジーンズのポケットからローズクォーツ(石)が出てきた。
すっかり忘れはてていたけど、これ、出かける前に「持って行きんさい」というお告げがあって、
ポケットに入れたのだった。テレパシーを仲介してくれたのはこの子か?
スポンサーサイト
  1. 2018/04/12(木) 18:41:24|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0

エーテリック筋トレ

2018.2.16(金)

ここ数日で、筋トレのやりかたが変わった、ような気がしてます。
筋トレといっても、そんな本格的にはやってないんだけどね。
プロテインとか、コンビニやスーパーのサラダチキンを積極的に摂取してるわけじゃないし。

前にも書きましたが、私はむかし、仕事で徹夜したその翌朝、腰がギクッとなって、
いやそれはそもそも中2の体育のハードルの練習が自分レベルでめっちゃスパルタだったことに
起因していて、腰に残った違和感が、十数年後のギクッにつながるわけです。
あんな障害物を次々と3歩で飛び越えなければならない用事は、以来、とんとないのだが、
あれは何だったのだろうか。補習を課してまでマスターせんといかんことなのか。
で、十数年後、整形外科医から、「湿布か、手術か」などと、素人考えでもそんな両極端はねぇだろう、
というような対応をされたので、私は猫がじりじりとあとずさるようにしてこの病院から去り、
急性期から回復したのち、筋トレをはじめたのでした。だからメンテナンス程度。

近年ではトレーニングのやりかたが動画や画像で紹介されているので、たまにそういうのを見たり、
また、豹専務が録画してくれた筋トレのレクチャー番組を見たりして、
全体として、適正な箇所に適度な負荷がかかる方法に変えていきました。
例)カールアップというやりかたの腹筋運動では、腰に負担がかからない
<参考動画(53秒)> https://www.youtube.com/watch?v=ay4v5ApCzdI

ここ数日は、筋トレと整体とマッサージ&指圧が一体になってる感じ。
どれについても、メディアで拾った情報や、人から実際に聞いたことなどが混じっていますが、
なかには、なんでこの動きなのか、どこから思いついたのか、まったくわからないのもあり。
たぶん行為に直結するタイプのチャネリングが情報源でしょう。
筋トレの前後や途中で、唐突にハンズオンヒーリングが入ったりとかな。

それは、身体にある程度の負荷がかかって、それが解放されて、エンドルフィンシャワーですっきり、
みたいな、緊→緩の気持ちよさではなくて、
動いている間じゅう、ずーっとゆるゆるエクスタシってる感じです。
それこそ昭和の体育でヒドイ目に遭ったりとか、家庭や学校での体罰とか、恫喝とか、
勉強や仕事で不自然ながんばりを要求されたりとか、
そもそも地球物理場で二足歩行なんざムリ、この惑星で自然に過ごすなら水棲だよ、とか、
そういう、言語やイメージになっていない細胞記憶みたいなのがリリースされているような。
筋肉を動かして鍛えている感覚ではないのです。
エーテル体が流れて、キラキラした何かを吸収している感じ。つっても、
ワシはきほんエーテル体なぞ見えんのじゃが、ときおりキラッとしたものが目に入るのじゃ。

そんなこんなで、いま、頭の存在感が希薄になってます。
耳の裏側、側頭部下にある出っ張った骨から上くらいの部分が、
アフロヘアみたくふわっふわになってる感覚。
でも、このふわっふわが体幹全体を下って、身体全体とつながってるんですよ。
ヘンな言いかただけど、ああ身体って頭でできてるんだね、って感じ。
 ↓ 向かって左端のホルン奏者のような雰囲気です
Synergy Brass Quintetによるオックスフォード伯爵のマーチ(2分55秒)
  1. 2018/02/16(金) 23:20:46|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0

珍事

2017.11.26(日)

キマシタ。ちょー久々ですよ。
れいです。自即宇宙ではなく、“人類”のピースになりきってる意識体の。
テラのヒューマノイド(人間型意識体)は、自即宇宙に気づいていないと、
制限を象徴する土星軌道の内側、
すなわちいろんな思いや感情が絡まった構成体に同一化してこれを組み換えつつ、
排除(分離)と排除した対象(外側)への承認要求を延々つづけるループゾーン、
またの名をザ・幽界から出られんのですが、
そういうentityさんに、何十年ぶりかで遭遇しました。
物理像を開いてるタイプ(いわゆる生霊)かどうかは不明。

私は霊感ないので、ふだん、霊など見聞きすることはありません。
せいぜい、実害がありそうな場合に「ヤバい」気配を察知して避けるとか、その程度の感度です。
しかし中高生くらいのころには、
夜中に金縛りにあったりとか、
何かリアルな感触のある気配から逃げて、
幽体離脱っぽくなって(確信はない)室内を歩き回っているとかいうことが、ときどきありました。
でもあまり気にしていなかったし、
後年、心理学とか脳科学みたいな本を読んで、「部活で疲れていて、自律神経とか神経伝達物質の
分泌具合とかがおかしくなっとったんだろう」で決着つけてましたが。

ところが昨晩、そのすっかり忘れはてていた感触と再会しました。
身体の右側を下にして寝ていると、左サイドに、覆い被さるようにして、何かいる。
荒い呼吸のような音がするが、動物のそれではない。
むろん宇宙意識体ではない。波動がぜんぜんちがう。
なんんんじゃこりゃ、もしかして、むかし遭ったあれか?(-_-)? って、
怖くなる以前に懐かしびっくり、みたいな。数十年ぶりに三角関数の式をミタ的な思いです。
がばっ、と起きてみたら、もうそれはいなくなっていた。あとに、なぜかほんのり猫の香りが。
同時にこの件に関する通信が入って、
それによると、entityさんはヒーリングセンターに搬送されたらしい。
ヒーリングセンターというのは、私のアストラルコスモスでの呼称で、
固有の波動構成体として識別できる意識体の、変調したり配線が切れたりしている箇所を整えて
復調させる作用をする周波数帯です。ざっくりいえばボディ&メンタルの病院。
私はヒーリング専でもリトリーバル専でもないし、優しくないから、
こういう場合、中立補正してあげたり、ヒカリに還したりとか一切なし、ヒーリングセンター直送ですよ。

事情を聞くと、なんか勘ちがいして、関係者以外立ち入り禁止のゾーンに踏み込んでしまったところ、
私の宇宙人版のボディガードをしてくれている弁慶のようなガタイのエスラ@アルドラに見つかり、
その区画をガードしている宇宙猫たちにも見つかり、警報が鳴り、いっせいに追っ手を放たれて、
焦っていっそう立ち入り禁止ゾーンの奥へと遁走していったあげく、お縄になったと。
息を荒げていたのは、追われていたからなんだな。

そのentityさんは、地球人の意識の広がりとか、そのなかで人外系ソウルが果たす役割とかについて、
私が多くの機密情報を握っていると誤解されていたもよう。
残念ながら、私は私個人の宇宙を探究し創造しているだけで、
人様の情報の正否を判定したり、裏付けたりするようなソースも権威も持ち合わせてはいない。
物理像を含むメタフィジカル宇宙では、
自分の宇宙音を聴きとっていると、他宇宙とのユニゾンやハーモニーを感じることはある、が、
それは両宇宙に恒常的な協奏関数が働いているシルシでもなんでもなく、
何度重なってもそのつど一期一会の響きであるし、
自分の観察あるいは行為が正しいと証明してくれる権威者や機関は存在しない。
どんな先達も、自身の例を示すことができるだけである。

最後に、トリ頭のマスター・トートのメッセージを引用しておきます。「宝はご自身の書庫にあり」
  1. 2017/11/26(日) 17:55:38|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0

ふしぎな日

2017.11.22(水)

巨匠、もとい虚証の風邪で、臥せって妙な夢を見たり、もそもそ動いたり、
数日間、私も豹専務もザムザのモードでした。
ザムザはカフカの『変身』で虫になっちゃった人です。ザムザ氏は虫になってもがんばって
出勤しようとしてあがきますが、私たちは虫になったらもう会社へは行きませんよ。

虚証とは漢方の用語で、生来あまり体力のない体質をいう。
これが人間じゃなく「風邪」にかかるんですが、症状の出かたとして、
寒気がするのではなく手足、指先などが冷たい、悪化しないがよくもならず、
ひとつの症状が固定して(風邪はそもそもフウジャ、風のように邪気が動く→症状がころころ
変わるはずなのですが)、ぐずぐずと居座るタイプの風邪をいいます。
もしかすると、正しくは裏証の風邪というべきなのかもしれません。
もともとわりと体力があって、葛根湯とかがよく効くタイプの人なら、
初っ端で麻黄湯か葛根湯をガツンとキメて、ウジウジしてる症状を表に引っ張り出しちまえば
早くケリがつくんですが、その機を逸してしまって、
アレグロコンブリオで打楽器ドンドコなふうではなくアダージョで名残惜しげに引いていく邪気の追い出しを
補中益気湯でプッシュ、みたいなことをせんければならなくなりました。

そうなったのも理由があるんだけどさ。
ポイントは11月20日で、この日に私と豹専務はご縁のある方のお宅にうかがう予定があり、
私に寄り道させないために、豹専務にはアルコールを摂取させないために、
またこの日のコミュニケーションが円滑に進むために(主に私がしゃべりすぎないために)、
もよよんと覇気のない体調に「整えられた」のですよ。
下の次元では具合が悪くても、上の次元ではそれでベストの按配だったのです。

この日の予定を調整してるとき、調整作業は3次元的な手つづき、表面上のことで、
上の次元ではなにがなんでも20日なんだな、と、メールを打ちながら確信してました。
当初は、訪問先のmさんから、近隣の店に行きませんかとの提案をいただいたものの、
20日はこの店の定休日に当たってしまいキャンセル、これも織り込みずみで、
当日はmさん、豹専務、私の3人が、数時間にわたってmさん宅に居なくてはならない、
座卓を囲むその配置図まで、きっちり決まってました。
上の次元ではすっかり“動画”が編集も含めて出来上がっていて、
下の次元の会合、歓談は、プロセッシング(時空間化、再生ボタンを押すこと)だったのです。

要するにこの会合は何かのセレモニーだったのですが、
どういう意味をもつセレモニーなのかは、リニア時間上の未来のイベントの確率を含むためか、
人間言語には翻訳できません。
夢や瞑想やチャネリングなどを通して私が受けとったシンボルを俯瞰すると、
全体的にいって、主として経済のしくみが虚証チックに変わることを示す象徴配置らしい。
どかんと破壊的な出来事が起きて、さぁ復興だ! みたいなわかりやすいのではなく、 
実感の薄い変化が大きなちがいをもたらす、みたいな感じです。
気がついたらえらく遠くまで来てました、というような。
経済というと、お金や物やサービスをやりとりするイメージに限定されがちですが、
メタフィジカルにはエネルギー交易のような、もっと広い範囲まで及ぶので、
対人応対の場での意識の動き、言葉遣いなどの表現、暗黙のマナーなどの表現コード、
マーケットの形になることもあればならないこともある多次元マーケット(笑)の動きなど、
(分離視点でみたときの)対他者コンタクトにかかわるテーマを全部含みます。
発火点は「需要」です。
これまで潜在下で眠っていた個々人の需要が明確になり、エネルギーをもって動きだし、
Aさんにとっての必需品はBさんにとってゴミ、といった構図がはっきりする。
「動物として、人として、社会人として、これだけは必要だよね」といった集団需要を仕掛け、
信じ込ませることで成り立っていた経済+α活動が、おそらくは+αの辺縁から、
非常にわかりづらく弱体化していく。
一方で、アウェイクニングした個々人の需要は、上の次元と結託して、勝手に流通経路を開いていく。
しかし、本当は求めてない人が邪まな動機でこのルートを利用しようとすると閉じてしまいます。
それは昔話に出てくる“わるいおじいさん”的な行動への倫理的な応報ではなく、
本気じゃないとエネルギーの純度が低く、混ざりものがあって、実現確率に至らないから。
逆に本気であれば、まさかのルートはとくに奇蹟ではありません。

しかしセレモニーだから特別とかいうんじゃなく、
セレモニー的な感触のある時機に現れた象徴やら記号やらを前のめりになって読み解く必要もない。
私にとっては、20日の会合は、「創造が起きるままに創造する」ことの端的な実例でした。
  1. 2017/11/22(水) 16:47:12|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0

原風景

2017.10.15(日)

BLノベルやばい。オレは腐界にハマりかけている。
腐界には妖精がおって、
「ほら、僕といっしょにおいでよ。楽しいよ」とかって足を引っ張るのだ。ずるずる。

BLノベルのテイストは童話に近い。
関係の骨組と、それによって屈折して作用する力が透けて見える。
<人類の存続>という思考と感情が結託した「観念」に支えられた異性愛の様式と共存しつつ、
その様式を神聖喜劇にしてしまう。
無明のうちに共有されて人を一喜一憂させていた、しあわせ、不幸、成功、転落の方程式は、
項に入れる素材や、式が成り立つ背景を換えるだけで、ただの方程式だとバレる。
マハリクマハリタ☆デコンストリュクシオン!
と、偉そうにおフランス哲学用語なんか入力しながら、
あたまのなかにあるのはドリフのコントの屋台崩しのイメージ。

あーエッチな描写もあるけどな。そこは自分的には限りなくどうでもいいんだよ。
当事者が地球人、または地球人の名残りがある人外系存在である限り、
性別がどうでもどんな組み合わせでも似たりよったりだからな。
うそだと思ったら土星を越えて天王星あたりから見てごらん。

ついでに言うと、<人類の存続>は、やはり思考と感情が結託した<私の存続>の複数形で、
<私の存続>としてむきだしになったときには、
<人類の存続>ではぼかされている消滅への怖れ(消滅という思考と怖れの感情)が露わになる。

屋台崩しの向こうには何があるか。
原風景。
吹き抜けていくフォースだけだ。
フォースを「愛」と呼ぶならば、その音と形が喚起する周波数を黄金の最上級に濾さなければならない。
むろんフォースは戯れのひとつとして関数=関係をつくる。
再起動された関係は遊戯で、演技的だと最初から了解されている。
一般的には「プレイ」と呼ばれるもの。
宇宙はZero Point Fieldが七変化する独り芝居、フォースはそのブレスである。
女子高生、おっさん、赤子、富豪、患者、おかん、老人、etc. どれも入れ替え可能だ。
どころか屋根瓦やそこから落ちてくる雨粒とも入れ替え可能だ。
どころか入れ替えなんてありえない! と突っぱねることすらできたのだと、
原風景を知ったあとに、そのドッキリバラエティじみたからくりを笑えるだろう。

「可愛いね。いくつ?」と訊かれて「5歳」と答えた女児“役”が、35億年前、月に大気があったころの
生物の記憶にログインしているウルトラシニアで、その子を連れてる祖父“役”のほうが
ZPFから分岐したばかりのジュニアな魂、などということもあるある。

↑ なんんんだこれ。書こうとしていたことと全然ちがうぞ。でもまあいいや。

『改造への躍動』(ゲルニカ)より「復興ノ唄」
直視はできず、既成の構造のあからさまな観察によって、地と図が反転するように浮かんでくる
原風景は、どこか脳内戦後に似ている。
  1. 2017/10/15(日) 17:15:18|
  2. 三毛猫亭日乗
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: