FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

無時空

2017.8.24(木)

体性感覚に感情や思考や気分や気配を被せた3~4次元よりも奥にある高次元意識層は、
3~4次元ベースで喩えると、空間的には極小で、時間的には超高速で完了します。
体性感覚が描く世界はアバウト3次元です。人間意識体は直に物質波まで降りられず、
エーテリック基板で変換した波をエーテル膜に映した像で物理界をキャッチしているので、
厳密には3.5次元みたいな感じです。

コスモスにユニヴァース、億光年を超えて広がる大宇宙、数兆個の星々、
宇宙を語るときのそうした表現から、宇宙はとてつもなく大きいとイメージされる
けれども、最大なのは物理像の宇宙(3~4次元)で、
高次元の宇宙(意識の深い層)は逆にとても小さいのだということは、すでに書きました。
意識の始原にして完了であるZPF(ゼロポイントフィールド)ともなると、
もはや点でさえない0(ゼロ)点、量がない、ゆえに∞バイトの容量となります。
量のなさがあらゆる量(空間)を支えているからです。

時間についても同じことがいえます。
約140億年前に起きたインフレーション(膨張)とビッグバン、粒子が生まれ物質が生まれ、
星々が誕生し、燃え尽きて矮星になり、生命ができ、星域の開拓があり太古の文明があり、
生まれて死んで転生して、輪廻がX回・・・などなど、
自然科学にせよデムパにせよ、宇宙生成を語る言説は途方もなく悠久で、
宇宙というのは永い時間、永いサイクルで動いていると思いがち。
これも逆で、悠久なのは物理像の宇宙だけです。
3~4次元がいちばん動作もっさりで、光速といえども、経過の幅がある以上、
5次元超の世界からすると遅い。
高次元の宇宙では、ある場(物理像にすると場面全体、宇宙全体)から場へ飛ぶ
ステップ数(場面数)や速度は自在に設計できます。
つまり潜在する場をONにする順序や時機をコンポーズ(組み立て)できるんだけど、
組み立てのベースは無時間です。
何も組み立ててなければ無時間ってことです。

空間は極小ですから、場が数億光年とかに広がるのは物理像になっているときの話で、
高次元ではチップより小さいチップ(データモジュール)が点滅してるだけです。

場から場へ飛ぶのは量子跳躍、3~4次元的にいうとデジタルな瞬間移動なので、
経過というものがありません。
Aの場面(を含む宇宙)からBの場面(を含む宇宙)に移るのに、
3~4次元で測ると5時間かかると設定したとすると、
3~4次元で見ると5時間後に突如、Bの場面になってるわけ。
5時間前のAと5時間後のBの間は無時間=ZPFです。
AないしBがONかOFFか、どちらかしかないので、途中がないんです。
なので、運動にともなう摩擦とか熱とか、余計なエネルギーがまったくかからない。

無空間、無時間、それが支えている極小の場、刹那の跳躍、
それらはもはやイメージの世界ではありません。
イメージというのは4次元に変換された高次元信号で、
それを超える層は、形はもちろん、イメージでも雰囲気でも写実表現できないんです。
そもそもこの文章自体が比喩のカタマリです。

でも、意識が広がる、アセンドするとは、そういう表現できない層が“わかる”と
いうことなので、
本来の意識のありようを“思い出す”“掘り起こす”ために、
「胸部の中央の奥に針の先くらいのブラックホール的な点があるのを意識する」
(byソファイア@シリウス)といったイメージを使うわけ。
これは3~4次元に降りていて高次元層と全次元を支えるZPFを封印している状態で、
高次元層とZPFを感性的に納得するための便宜的な手段です。
わかる、思い出すというのは、言葉や絵などの3次元の形になったものを見て、
「なるほどね」「そういうふうに考えるわけね」と4次元で(思考や感情等々で)
了解するのではなく、
4次元にあるブロック(固定したプログラム)が一掃されて、その向こう側が開き、
魂=宇宙まるごと一変するってことなので、
息して飲んで食べて排泄して眠って・・・っていう基層から根こそぎひっくり返る、
見えない革命なんですよ。
感性的な納得は、そこへの橋渡しです。

精神セカイの法則はこうだけど、“現実”には予定があり、将来設計があり、
人は老いるし病気をすることもあるだろう、
けど精神セカイの情報を“現実”に活かし、“現実”を少しでも精神セカイに近づけよう、
みたいな、「持続可能な開発」みたいな発想だと、
線形時間的にいって、“現実”の法則にもとづく世界がマイナーチェンジされて
つづいていくだけで、たいした変化はありません。
こういう「思考」では、精神セカイと“現実”の二重帳簿になっていて、
本音では“現実”(3~4次元)の帳簿のほうが本当の、あるいは重要な帳簿だからです。
「“現実”は精神世界だ(フィジクスはメタフィジクスである)」
とダイレクトに納得されてはじめて、待つことなく全部が一変します。

で、極小、超速、無時空を得心した人の物理界感覚がどうなるかというと、
これも喩えですけども、
宮本武蔵が飛んでいる蝿をパッパッと箸で捕まえることができたとか、
川上哲治にはピッチャーの投げるボールが止まって見えたとか、
そんな世界ですね。
運動神経や反射神経がよくなるとかってことじゃなく、
意識の芯は無時空(ZPF)で、
見える層にも見えない層にも刹那の認識、気づきが利くようになるってことです。
部屋にいる蝿を30分かけて外に追い出したとしても、
蝿のようすを見る、壁に止まった、また飛んだ、自分が立ち上がる、窓に手をかける、
といった直球動作があるだけなので、
「30分もたってしまった」とか「蝿に振り回された」といった重量感がありません。
何か思ったり、「げっ!」とかっていう感情的反応が起きたとしても、
思考や感情であることが瞬時に認識されて、それに呑み込まれない、同一化しないので、
ひゅんひゅん通過していき、跡に残らない。
蝿のようすを見る、立ち上がる、窓に手をかける・・・といった動作の記憶はあっても、
まったく動いておらず、時間もたっていない、
空間も時間も0(ゼロ)であるという感じがリアルになります。

時間を費やした、動いて汗かいた、という重量感がないって、
高次元をノーカンにしてる人には「そんなの気休めだよ、気分じゃないの」としか
思われないでしょうけど、
こういう重量をアストラルエネルギーに換算すると重厚長大で、
心身にすごいストレスをかけます。
「テラン(地球人)意識拡大支援計画」って、
「テランのアストラルコスパの悪さをなんとかしようぜプロジェクト」
と言い換えてもいいくらい。
無時空感がリアルなとき、線形ルーラー上にある距離や時計の針は動いても、
アストラルポテンシャル(物理界でいうエントロピー)は動きません。
なので、トシをとらない。
てか、トシという時間思考の外に出ます。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/24(木) 17:22:19|
  2. 次元上昇
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/718-97949935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: