FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

高次意識体はパワハラをしない

2017.9.22(金)

アストラル帯域のうち、わりと言語化してつかまえやすい帯域に、
さまざまな思考(時間思考もそのひとつ)、感情、気分とかがウズまいています。
これらは、体性感覚化された物理界の出来事への反応として呼び寄せられ、
ZPF(ゼロポイントフィールド)が通ったソウルコスモスによって観察、承認されないうちは、
何度でも返ってくるという意味で、カルマゾーンといいます。
要するに低次アストラルゾーンのことです。

カルマというのは単に行為、業(わざ)のことで、よくもわるくもないのですが、
どのような行為(創造)も0(ゼロ、無)からするとある傾きをもつので、
観察によってZPFに還さないと、傾きが固定してしまうのです。
高次元の意識体も動いているので、動きによってカルマをつくりますが、
高次意識体はZPFを軸としているので、観察によって、行為による傾きが即時に中立化し、
ゾーン(帯域)化しません。

しかし、本来なら分離-融合の両方向に開いた自我が、分離方向にだけ作動していると、
創造-観察が併行して働かず、
行為だけがカラ回りして、何度も似たような思考、感情、気分などを呼び寄せ、
同じ顔ぶれがそろうゾーンを形成します。
同じ顔ぶれのなかにも、旗振り係とか癒し係とか、いろんな役割分担、関係性ができて、
ある種の秩序が生まれます。
自我の融合方向が閉じていると、線形時空間思考をベースにした成長過程をたどるにつれ、
この秩序の構成体(カルマコンポジション)を自分だと勘ちがいするようになります。
線形時空間思考をベースにした、ある考え、イメージ、感情の「記憶」が“私”化するわけ。
これをデムパ業界では「自我」と呼んでいますが、
その実体はカルマ(固定した傾き)の構成体であって、敢えていうなら偽自我です。
本当の自我とは、分離(~ではない)と融合(「“~ではない”ではない」と分離を打ち消して、
分離する前のメタ次元へ還し、メタ次元を通じてZPFに還す)のコードのことで、
これはZPFが数多のソウルコスモスのさまざまな次元を体験してZPFに還るためのコードなので、
全帯域、全次元に共通して作用しています。

物理界を包含しつつ、体性感覚ではとらえにくい帯域への意識を広げていくにあたり、
ZPFに気づき、これを定着させておくことは、安全のためにも精確さのためにも重要、
というか前提です。
意識が広がると、ソウルコスモスの体験のメインステージは、物理界(物理-エーテル帯域。
3~4次元)から主としてアストラル界(エーテル-アストラル帯域。4~6次元)へ次元上昇します。
アストラル界は、純粋にメタフィジカルな波動力学だけで動いているゾーンで、
ポジ-ネガとか、善悪とか、表裏(ジェンダー)といった制約はなく、入れ替えも可能、
時間も空間も非線形で、
しかもメンタル界(6~8次元)とかコーザル界(8~10次元)とかのそれ以上の次元のような
抽象性はなく、体性感覚のつづきみたいに具象的になる世界です。
(ただしナチュラルトランスの人はこれをエネルギー的にとらえることが多く、
ビジョンや音になったりするケースは少ないので、
物理界のツールを使って喩えたり象徴化したりしやすい世界といったほうがいいかもしれない。)
融通無碍なフリーダム世界であるとともに、無法地帯でもあるのです。
なので、自我が健全に機能し、ZPFが通っていないと、
歪んだ意識体(固有の振動数をもつ波動)にパックリ乗っとられてしまいかねません。

ZPFないしハイアーセルフ(ZPFと直通で、ZPFとソウルコスモスを架橋する)と
つながらないまま次元上昇すると、
低次アストラルゾーンのカルマ構成体もゾーン化したままなので、
メッセージ化される高次意識体の波動であっても、ハイアーセルフの波動でさえ、
カルマ構成体に都合のいいように誤変換、誤訳されてしまいかねません。
たとえば「あの人と私はソウルメイトだ」とか、「私の天命はこれこれだ」とか、
みょーにイケイケのお告げになってしまったりとかね。
もちろんそういう主旨のお知らせもないではないけど、
カルマゾーンに引っかからずに真正に受けとられるのであれば、
特定の方向性をもつメッセージであっても、波動、響きに含みというか、余裕があるんです。
先方は、
「為されることは線形時間に関係なくすでに為されている。すでに為されていることが為される」
のを知っているので、特定の行動を促しているときでさえ、圧迫感はありません。
まじで間一髪スレスレみたいなときは、なんかしらん身体が先に動いてるとか、
環境が先に整ってることが多く、四の五の反芻してるヒマはないです。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/22(金) 16:27:01|
  2. デムパ話
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/728-a1d66f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: