FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

ノンフィクション① 前編

2017.10.23(月)――前編

集合住宅の立地事情によりガラパゴス化していた拙宅に、ようやっとヒカリ回線が。
ADSLサービスが終了してから、
ポケットWi-Fiをアルミホイルを貼ったボール紙で囲って電波の拡散を防ぎ、
それを窓際に設置し、窓を開け、
それでもなお接続が切れまくった珍妙なネット環境よ、さようなら。
人様ブログの応援クリック等も1回押しですむwブロードバンド接続ってすてき。
というような近況もあって、
今回はネット上のコンテンツとアストラル界との親近性をめぐるチャネリング対話です。

みけ インターネッツってなんでしょう。
ソフィア@シリウス は? こっちが訊きたいよ。
みけ ネットがメディアになって、個人発のコンテンツってすごく増えて、あふれてんだよね。
こないだぼーっとしてたとき、アストラル海に海綿ぽいコンテンツがぷかぷか漂ってる図が見えて、
くらくらしてきちゃった。かつてはインディーズで何かリリースしようとすると、
発行者や外部の業者さんを探したり、資金を調達したり、たいへんだったんだけど。
ソフィア なんでくらくらしたの?
みけ んー・・・アストラル界の片鱗を見た気がして。ほんの一角だけど。
個人発信のコンテンツを制作、公開するインフラができたことで、ようやく、自己承認欲求が開放されて
いるのかなぁ。自己承認欲求って、わるくもダサくもイタくもない、
テランがエゴコードをもつ意識体でありながら、Zero Point Fieldとつながっていないために、
果てしない他者との差別化のループにハマるって、単なるメカニズム上のエラーでしょ。
けど、リニア時空上の“むかし”時空では、自己承認ゲームに参加できる人が限られていたんだよね。
身分とか財産とか才能とか人脈とか、いろんな外部条件によって。
それが手放せる段階になったのかな、と。
ZPFやハイアーセルフにつながったとしても、自己承認欲求がシャドウになってると浄化がキツいでしょ。
だから“むかし”は山岳修行みたいなハードな修練が不可欠だったんじゃない? 今は選択科目だけど。
ソフィア そうね。わがままな人のほうが悟りやすい。私たち(ガイドスピリット)もやりやすい。
みけ ワクワクや引き寄せを自己承認欲求の充足に転用することが許可されたのも、
欲求を明るみに出して、「お金もうけはわるいことだ」みたいな善悪ジャッジも明るみに出して、
カルマゾーンを中立に近づけるのが目的だったんじゃないの。
ソフィア 土星評議会の回答は「勧めはしないが妨げはしない」という消極的な許諾だったけどね。 
結果的に導かれる全体法則を個別の目的達成の手段にするのは、
私たちが「ルシファー変換」と呼んでいる転用手法で、
扱いをまちがえると収拾つけるための手つづきが増えて、かえって回り道になるから。
みけ 内容がカルマゾーンで構築した価値観の正当化であれ、愚痴であれ、どんなものでも、
公開するには物理像に属する記号(言語、図形など)でもって形に落とし込まないといけない。
そこで“思い”がある程度整理されて、ガス抜きみたく、圧力が抜けるんだよね。
ただ、コンテンツ増発の原因は、それだけじゃないような気もする・・・なんだろう。

ソフィア コンテンツの発信にエージェント(代理人)や大勢の支援者がかかわるシステムでは、
発信者は高次アストラル帯域の信号を変換、翻訳する巫女で、
エージェントや支援者は、<人類>の集合意識やローカル集団の集団意識の共通コードとの調整を
はかる。おおまかに言うと、そういう役割分担があります。
このシステムだと、共通コードに乗らないコンテンツは公表されにくい。
みけ 制作とマーケティングの擦り合わせね。 
それは印刷媒体、磁気媒体、公共電波がメディアになる場合で、ネットと併行してつづいてますが。
ソフィア なぜ擦り合わせが必要なんだと思う?
みけ そうしないと売れないから。直接販売するわけではない広告の場合でも、浸透しにくくなる。
広告の場合は、コンテンツの背後に物やサービスの売買が控えてるから、
いっそうマーケティング寄りに、保守的になる傾向があります。
ソフィア どうして売れず、浸透しないんだろう?
みけ ユーザーが共通コードに則って思考し、行動してるから。
でも共通コードにべったり寄り添ってては面白味がないんで、多少ズレてないといけないんだよね。
「地に足を着けつつ夢を見られる」みたいな地点が落としどころになるわけ。
このシステム下では、ユーザーにとっての安全圏を保障しながら、共通コードをマイナーチェンジで
書き換えていくコンテンツが理想的といえます。
ソフィア では、ユーザーが共通コードから離陸したらどうなる?
みけ あ・・・!
ソフィア インターネットがメディアとなった時期に顕在化してるのはそういうことです。
時代、世代、社会はおろか、<人類>の共通コードまで含めて。
自身でチャネリングする方が増えているのも同じ理由によります。
みけ 顕在化、ってことは、もとから着陸などしていなかった、それがあきらかになりつつあるってこと?
ソフィア <人類>というのはテランの壮大なフィクションだからね。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/23(月) 16:32:10|
  2. 次元上昇
  3. | トラックバック:1

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/737-0f90b56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人類言語の形式

人間の言語というものは、(拙稿の見解では)明日のために自分たちが今どうするか、を語る形式になっている(拙稿28章「私はなぜ明日を語るのか?」)。 拝読ブログ: 線形判別分析 LDA 拝読ブログ: ノンフィクション① 前編
  1. 2017/10/24(火) 21:49:48 |
  2. 哲学はなぜ間違うのか

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: