FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

「宇宙にゆだねられない」問題(追記あり)

2017.11.2(木)

「あなたは何もしなくていい」
「あなたはそのままで完璧です」
というような文言は、デムパ界の常套句です。
デムパ界に浸かっていると、このテのフレーズは耳タコで聞き慣れてしまう。
が、聞き慣れていれば腑に落ちているかというと、そうでもない。

ものごとがスムーズに運んでいるときはそれでいい。
何もしなくていい、そのままで完璧、オーイェー、OK。
でも何か滞ったり、不具合が出てくると、とたんに物理像を動かす努力をはじめてしまう。

これは、経験を重ねてできあがったクセ、習慣的反射行動で、その反射行動の下(潜在意識)に、
未知のやりかたに切り換えるのが怖いという、怖れがあるからだと思っていた。
その怖れに気がつけば(観察できれば)、反射は止まる。
これはこれで、まちがってはいない。
けど、先日のソフィア@シリウスとの交信で、次元上昇すれば怖れはフッ飛ぶというか、
問題でなくなるとわかったわ。

次元上昇するとは、フォーカスする(注意を向ける)次元が3~4次元(物理像)から
4~5次元超(アストラル帯域と、それを超える帯域)に移行すること。
つまり波動を波動としてキャッチしていると、
自身が波動であり(自分と波動の区別がなくなり)、同時にZPFであるという状態になる。
波動はエネルギーなので、それ自体が動き、ないしは止まっているという動きである。
だから、「これはどういうサイン?」とか、意味を考えたり解釈したりする必要が一切なくなるのだ。
言葉や形に翻訳される波動は翻訳されるし、現象や行為になる波動は現象や行為になる。
物理像にはならず、間接的に作用して物理像化を後方支援する波動もある。
どれが形なるか、後方支援かも分別しない。
放ってほけば、なるようになるから。
自身の身体も物理像であり波動である以上、その「なる」は身体も巻き込んでいる。
ハラハラしながら物理像を注視し、時間思考から推測したレールからちょっとそれたらすぐ手を入れようと
待ち構える態度が解けてはじめて、
言い換えると“私”が波動の交響楽であり宇宙であるとき、
「何もしなくていい」「そのままで完璧」が自然体になる。

物理像メインの世界、これの最も保守的な派閥は「すべては物質できており、思考、感情等は、
直感も含めて、物質の反応に還元される」というものですが、これだと、
何もしなくていいだの、そのままでOKだの、怠惰や無気力のイタい言い訳でしかありません。
ずるずると右肩下がりにジリ貧化していくイメージ群、
ゴミが累積した汚部屋とか、束になった請求書とか、夏休みの宿題を放置した小学生の8月末状態、
災害ではなく自己責任でライフラインが止まってしまった生活、ドアに貼られた大家さんの貼り紙、
あるいは取引関係、交友関係の破綻、崩壊する家庭・・・等々のイメージ周波数が、
この言い訳のうしろに雪ダルマ式に展開し、先んじて何か手を打たずにはいられなくなる。
漫画や小説やドラマなども、時間思考や生老病死エントロピー思考がデフォルト設定の物理像を
暗黙の前提にしてつくられているので、このメカニズムを補強します。
1分後には忘れてしまう「今日は掃除サボっちゃったなぁ」というような瑣末な反省でも、
そう思っている最中には、思いのうしろに雪ダルマ式の尾ひれが伸びています。
気がついてないだけで。
物理像だけで閉じている世界では、
何もしない、そのままってのは、メンテナンスを怠ってることと同義ですから、
物理像をメインに据えていると、
どんなにデムパ慣れしている人でも、物理像を操作せずにはいられなくなります。

物理像ではなく、波動メインにシフトすると、冒頭の常套句は次のように改訳できます。

「何もしなくていい」
 →動くべきとき/止まるべきときに迷うな。動いているとき/止まっているときにふり返るな。
  →あなたが動いているのではなく、あなたは“動き”である。
    あなたが動き自体であるとき、動きの観察者(Zero Point Field)である。
    あなたが動いているとき(自身と動きが分離しているとき)には、ZPFは不活性である。
   自身と動きが分離していると、自身と動きの間に摩擦が起きる。

「そのままで完璧だ」
 →リニアな時空間は思考である。どんな場面(量子場)もそれ自体で完結している。
  AからEに至るさいに通過するB、C、Dは、それぞれ独立した場面であり、
 「A→E」というプログラムから切り離すこともできる。
  B、C、Dを通過点にしているのは、「A→E」というプログラムである。

11月3日(金) by マスター・マーリン

私という者はおらず、すべて波動でありエネルギーでありZero Point Fieldであり、それが私であり、
と、明確にわかる。
足の裏の下に床や路面があるのと同じくらい明確に、当然のこととして。
と、あるとき、コトッ、と何かがはずれるような音がして、
指、手、手触り、机、窓、バイクの音、床、壁・・・これらが物理“像”だと、夢だと、知れるのじゃ。
そこで眠りから覚めるのじゃ。おはよう。

なんてな。うそだよ。音なんてしねーよ。ただわかるだけだよ。

内側が変わるって、本当にすごいよ。
内側なんてないとわかるんだから。

「そして、これまでと変わらない生活がつづいていく」
なぞと居眠りこいとってはいかんぞよ。
「そして」も「これまで」も「変わらない」も「生活」も「つづいていく」も、全部、思考じゃ。
思考に囚われて戯れるのはもちろん自由、
じゃが、波動はたえず行き来しておる。御身はたえず波動じゃ。
囚われる余地があるのかね?
スポンサーサイト
  1. 2017/11/02(木) 18:40:52|
  2. 次元上昇
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/740-3f9ae01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: