FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

2つの時間②

2017.12.11(月)

前の記事のつづきです。

時間思考の基本になっている盛衰指向(エントロピー思考)は、
動物の個体の一生を人間に拡張して、人間目線で考案した法則です。
人間と動物とでは、ソウルコスモスのカテゴリーがちがっていて、たとえば、
「猫全体=1人の人間」に相当し、
猫の個体は、人間でいうと器官を構成する細胞に相当します。
しかし、あるときから地球にいるヒューマノイドソウルは、個々ばらばらの世界を体験しているにも
かかわらず、環境異変によるダメージという体験が共通したため、
ヒューマノイドソウルが関与した環境異変の再来を防止するために、
<人類>という動物種としてまとまるように意識操作をしました。
しかしヒトの個体がもっているコスモス意識は封印しきれず、
これが機能不全のエゴ(自分が全体であると感じられず、常に環境と対立していて、
環境を克服して自分を存立させようとする“私”意識。健全なエゴは環境との分離-融合を
併行して体験している)として露呈します。
全体に融合するセンスが封じられている機能不全のエゴにとって、
先世代がアポトーシス(細胞死)して次世代にリレーしていく動物種の世代交替現象は、
<人類>内部の新陳代謝ではなく、“私”というコスモスの終焉を意味する危機です。
それで、アポトーシスを極力回避するために、その兆候をとらえて回避するという形で、
盛衰指向を核とした時間思考ができました。
時間思考には、1個の宇宙規模の危機管理態勢が内在しているので、非常に強力です。

人間が本当に<人類>であれば、<人類>全体の健全なエゴしかなく、
<人類>エゴにとって、個体のアポトーシスは細胞の交替のようなもので、問題ではありません。
一方、人間が個々に独立したソウルコスモスであれば、エゴは健全に機能していて、
身体はメタフィジカルな宇宙に含まれる物理“像”の一部だと実感されており、
身体の機能停止は、物理-エーテル帯域からエーテル-アストラル帯域へ基底次元上昇する
切換ポイントなので、やはり問題ではありません。

人間が完全なヒューマノイドソウルであれば、1個の身体像が物理像を体験する暦時間経過は、
1つの動物種の物理像体験期間にあたるので、相当長命で、世代交替の必要はなく、
ソウルのほうが交替する様式になります。
(完全なヒューマノイドぉ? なんじゃそれ、どーやってそんなもんができんだよ、ってあたりは、
『Starry Souls』第3章の後半に詳述しています。非科学的なデムパ話ですが、
300円出しても知りたい方はブログ右の「出版案内2」へどうぞ。)

時間思考は、<人類>という動物種になりきれず、個体にエゴがあって半分だけ機能している、
そういう中途半端さから生じています。
ヒューマノイドソウルであることを封印して<人類>になろうとしたがなりきれなかった、
そういう地球人の成立事情から必然的に生じているので、時間思考はとても根深いです。

しかし、多々ある思考のうちでもたぶん最強で、他の思考を下支えしている時間思考がはがれると、
イッキに悟りステージに突入するというか、アセンデッドマスター化が進むそうな。
上2行は、ウソみたいですが、汎銀河意識体集団ラーからのメッセージです。
知る人ぞ知る、知らなくてラー油を連想しちゃってもとくに困らない、あのラーですよ。
私、3次元の『ラー文書』は読んでないから、私も知らないといってもいいかな。だめかな。
ドレミファソラ~らららラ~♪(←面白くねーな。さーせん)

私自身はフローなほうが断然楽しいんですが、
フローでいなくちゃだめってことじゃなくて、
時間思考はもう強制適用じゃないですよ、自由だよ、ってとこがキモです。
スポンサーサイト
  1. 2017/12/11(月) 16:14:04|
  2. 新世界への回帰
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/750-944298d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: