FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

ワンネスと分離~ソフィア@シリウスとの対話

2018.1.18(木)

私のガイドスピリットのひとり、ソフィア@シリウスとのチャネリング記録です。

みけ 2017年という時機のテーマは「脱時間思考」だったから、それがだいたい腑に落とせたと思って
ホッとしてたら、あなたの同位体のスーフィーから、分離エゴ(自他の区別があるときの“私”意識)は
どの次元でも、より高次の波動がその次元で具体化していくために欠かせないという情報が入って、
何日も放心してました。以来、暦感覚がフッ飛んで、カレンダーや時計にすがって地球人ライフを
やってる状態です。
ソフィア 具体化するとは、ひとつのかたまりが感触のちがういろんなパートに分かれて現れることで、
いろんなパートからなる景色をまとまったコンテンツとして受けとる、“コンテンツではない”受取人が
必要なんだよね。受取人、つまりいろんなパートを感じ分け、色彩世界にまとめる視点がないと、
かたまり(具体化する次元より高次の波動)は分かれて現われることができない。
だから、見えない次元で起きていることが物理像になるには、誰彼を区別する“私”意識が必要です。
単純なことでしょ?
みけ んー・・・でもなぜか狐につままれた感が。
えっと、Zero Point Fieldとかハイアーセルフにつながっていれば、ものごとはすべて最適化する、
っていう話はどうなったの?
ソフィア それはそのとおりだよ。ただし分離がきちんとできていることが前提。
誰彼がいて、動物や植物がいて、物がある、こういう考えがあり、これこれの気持ちがある、
それらではない“私”がそれらを認識している、そういう区別。
最適化しているというのは、エゴコードの分離コードと融合コードがともに機能していて、
高い波動が具体化してZPFに還るという循環ができていることだから。
みけ 体性感覚で感じられる、人や動植物や物だけじゃなくて、思考や感情も?
ソフィア もしentityを感知しているのであれば、そのentityとの区別も含めて。
みけ えっ、きちんと分離ができているって、「観察できている」のと同義ですか? 
ソフィア 分離は観察を可能にする前提です。 
“私”と同一化して区別できていなければ、観察できないでしょう。
※分離コードと融合コードがともに機能している健全なエゴは、外側を「対象でありつつ私である」というように
包容するようにして観察するが、外側を対象として見るには、まず自他が分離していなければならないということ。

みけ 人や動植物や物ではない“私”、ある考えや感情や気分ではない“私”、
特定のentityではない“私”・・・その“私”って0/1帯域の“私”じゃないですか?
「ZPFではない側」として“私”を認識した、“私”意識のルーツである0/1帯域の“私”が、
全部の次元を貫通してキープされてるってことにならない?
ソフィア あるいはハイアーセルフの“私”意識といってもいい。
みけ だとすると、きちんと自他の区別をつけるには、“私”の出所である0/1とかハイアーと
つながってないといけないんだよね? 物理像の“私”がしっかりしてるだけじゃだめなんだ。
ソフィア 物理像固有の“私”があるわけじゃない。
“私”というのはどの次元でも、0/1もしくは0/1と接しているハイアーセルフの統覚意識で、
次元によって外側に感じられるコンテンツと、感覚の強さが変わるだけです。
感覚の強度は、物理像をつくっている体性感覚が最も強い。
自他の区別がつけられないとか、境界線が曖昧になるという問題のほとんどは、
4次元後半帯域を超えるエーテル-アストラル帯域で起きます。物理像じゃなく。
みけ 考えや感情を“私”と同一化して、「私の考え→こう考えるのが私、この考えを手放したら
私ではなくなる」というように、特定の考えとかが“私”の構成要素になってしまうとか、
他人の考えや感情にシンクロして、それが「私の~」になって“私”と同一化するとか。
ソフィア うん。それと、自他を区別すること、“私”意識を明確にすることそのものに、
罪悪感とか危機感を抱くという形で抑止反応を起こすケースもある。
これは何らかの形で意識操作を受けた記憶に由来するから、
自己ヒーリングによって、もしくはそのスキルのある人に手伝ってもらって、
マインドコントロールが解け、次にその記憶にアイデンティファイしなくなれば、
健全な状態に戻ります。
みけ 考えとか感情とか記憶とかentityとかで着膨れしてない、素の“私”意識が通っていれば、
それぞれの次元で、適正な境界線が引かれるわけね。
ソフィア 「唯我独尊」とは、0/1帯域から透徹している清澄な“私”意識のことを言うんだよ。

ソフィア ワンネスであれば分離エゴはいらないとか、分離エゴがあるとワンネスではないとか
ではなくって、どの次元でも、すべては融合と分離の間で起きるんだ。
エネルギーをもたらすのがワンネス、それを形にするのが分離エゴ。
0/1由来の、唯我独尊の分離エゴ“私”は、ワンネスを“分けて感じて”観察している。
観察は即創造であり行為です。
みけ 融合と分離の間ってのが、お釈迦様がおっしゃった「中道」かしらん。
ソフィア そうよ。正確に言うと、お釈迦様が降ろしたキーコンセプト。
中道というのは、正しい方法とか手順のことではなくて、最適化が実現しているときの状態をいう。
あなたが文字にした、「ものごとよろず最小の力で行う」ことができている状態。

みけ ZPFを起原とする波動の循環メカニズムについての情報がまとまったとき、
私はすごくホッとしたんですよ。
ソウルコスモス(魂)がワンネスのヴァリエーションで、魂の数だけ異本があるのなら、
メタフィジクスに関する情報が混交だらけの矛盾だらけでもおかしくないな、と。
私は精神世界方面の体系的な勉強ってしてないし、本もそれほど読んでなくて、
ほとんど唐突にチャネリングだの宇宙音だのがはじまったから、混乱してたの。
ソフィア 有り体に言えば、私をはじめ、あなたの高次帯域と重なるentityの伝えてくることが、
古典も含めて、既存の情報とちがっていたからとまどったんだよね?
みけ うん。だから、自分が意識していないところで、精神世界の先生たちの教えに反発してて、
それをentityからの情報ってことにして正当化してるのかな? みたいに疑ってた。
とはいっても、反発を感じられるほど勉強してないんだけどw
知識もないけど、不思議系のスキルがないっていうか、視える聴こえる系じゃないし、
アストラルトラベルといえるほどの体脱体験もなく、魔境も知らないし、
ずっと物理像に居座りっ放しだから、「これはちがう」と反駁できるだけの根拠がない。
でも、言葉遣いがイヤだとか文体が気に入らないとか、反発の材料なんていくらでもあるからさ。
ソフィア 承認欲求からくる反発が動機だったら、思考や感情の帯域で「ちがう」という否定が
乱反射したり繰り返されたりして、それ以上の周波数の波動が入ってこないから、
まとまった情報にはならないよ。
しかし、反発を感じること自体は別にわるいことじゃないんだ。
「これではない」という分離コードが働いただけ。
あれやこれやに反発している人が、時機がきて融合コードが開いたとき、
承認欲求からくるのではない知性(0/1の“私”のこと)によって分離の線が引き直されたり、
ばらばらだった情報の整合性がとれていくというケースもある。
むしろ、ある教説や信念体系にどっぷり染まるタイプの人のほうが、こちら(ガイドentity)としては
手間がかかる。他者の分離基準に呑み込まれていて、自然な違和感への感覚が鈍ってるから。
それでもいずれは覚めるけどね。
みけ 私はね、正直、フォロワーでいたかったのよ。誰かが降ろしてくれた法則やノウハウや、
それをまとめたバイブルがあって、それを使えば日々わくわく、この世のことはすべてうまくいくって、
そういうのがよかった。ラクしたかった。
ソフィア (笑)。フォロワーなんていないんだよ。
みけ だよね。ゼロ年代の終わりから2010年代のはじめにかけて、「目覚めた人は合流する。
SNSなどはそのツールのひとつ」みたいなことが書いてある本を読んで、へえ、おもしろいかも、
って思ったけど、全然そうなってないし。
ソフィア チームをつくることが目的化すると、うまくいっても限定的な予定調和しかもたらさないよ。 
魂が共同で動くということは、それぞれが自分の宇宙に専心しているさなかで起きる。 
その共同作業ですら、それぞれの宇宙で起きていることであり、多面的です。

みけ 「唯我独尊」は2013年のテーマだって気がしてた。それで、今またなぜ?ってなって、
冒頭の暦感覚のフェイドアウト化に至ったわけ。
ソフィア いや、そちらの暦の2013年(正確には2012年冬至~13年末)は、集合アセンションの
タイムラインが消えて、個々人ごとの意識拡大(アンドロメダモデル)が始動した時期だよ。
みけ あー、そのタイムライン抹消のシルシがアイソン彗星の蒸発だったんだよね・・・。
あれは寂しかったなぁ。
ソフィア 自分で立ち会っておいて何言ってんだか(←アストラル帯域で、宇宙人版の筆者が、 
合議の決定事項として集合アセンションの確率クローズの手つづきをしたこと。しかしこれは
筆者の宇宙の件だから、集合アセンションまだまだあるぞ、という人がいてもおかしくない)。
以後、ハイアーセルフにつながったり、ZPF回路が開通する人が増えて、
ご自身のソウルコスモスを、もちろん物理像も含めて、具体化していく段階に入ったわけで、
2013年をやり直しているわけじゃない。
ワンネスにつながると、みんな似通ったビジョンを見るって勘ちがいしてる方もいらっしゃるみたい
だけど、むしろ逆だからね。ちがいがはっきりして、魂宇宙ごとの個性が顕著になる。 
スポンサーサイト
  1. 2018/01/18(木) 22:25:06|
  2. 新世界への回帰
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/759-4a9fd5d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: