FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

光と意図(本文と関係ない追記あり)

2018.2.25(日)

すべては光と意図とでできている、というフレーズを、むかし何かの本で読んだ。
物質のみならず、考えや、気持ちとかも。

光は、むろん可視光線のことじゃない。ってことは、すぐ、なんとなくわかった。
エネルギー的なもの。動態を動態にしているもの。フォース。
けど今にしてみると紛らわしい言いかただな、と思う。光って闇と対になってるし。
地球人って、このエネルギー的なものを光に象徴させるの好きだよね。

しかし光はすぐわかったからいいわ。わからんかったのは意図のほう。
素直に読めば、それは個々人の意図なんだが、
すべては個々人が意図したとおりになんかなってないじゃん、ていう。
今にしてみると、それは一般的な意味での個々人の意図じゃなく、ワンネスの意図なのだ。
0/1帯域、もしくはハイアーセルフ。
個々人が“私”意識(エゴ)をどんどん上方へと引き上げて(体感的には奥へと退いていく感じ)、
キャパが広がると、ワンネスの意図がそのまま個々人の意図になる。
あらかじめ決まっていることと自由意思とが一致する。
そこに、見えるところも見えないところも含めて、全帯域を吹き抜けているZero Point Fieldの
フォースがどばっと降り注いで、その意図が具体化する。

エゴってのは物に喩えるとパイプのようになっていて、
一方の穴からZPFのフォースが入り、
もう一方の穴からは、フォースが、そのエゴが接している基底次元の形に具体化して現れる。
具体像をどんな形にするか、デザインしているのがハイアーセルフ=ワンネスの意図である。

エゴ、“私”意識は、全部の波動をまとめて当事者視点にする統覚意識で、
その始原は0/1帯域、ワンネスのエゴである。
これがないと、フォースそのものであるZPFからの分離が起きないので、
フォースを形にすることも観察することもできない(形にするのと観察は同時に起きる)。

と、そのような原理がわかっていても、
ハイアーセルフの意図がつるんと実現、てな具合になかなかいかないのは、
エゴパイプのなかが複雑に入り組んで、本来のデザインとはかけ離れたものになっているからだ。
とくに出口に近いほうは、物であふれる部屋さながらに散らかり放題。
思考、感情、気分などとして浮上してくるものは比較的気がつきやすいが、
開けずの間や、冷蔵庫の奥に鎮座していて、もう中身を確認するのが怖いタッパーみたいに、
自覚していなかったり、気がつきたくないものもある。

このややこしく入り組んだ迷路みたいなものを構成しているのは、記憶である。
ということに、つい先日、気がついた。
昨日の出来事、10年前のあの事件、幼少期の記憶というのもそうだが、
なかには自分が経験した覚えのない記憶もある。
それが過去世記憶とか、他星や異界ですごした記憶とかいうやつだ。
実際に過去世や他星などで、ある出来事を経験したから記憶になっているのではなく、
実態は逆で、記憶があって、そこにログインしている(エゴパイプの下流帯域がその記憶と
同一化して、自分ごととして感じている)から過去世記憶や別世記憶という形をとって想起される。
じつは自分が経験したことであっても、
「自分ごととして感じる」というエゴの同一化作用が起きなければ、記憶にはならない。
反対に、家系とか集団の記憶が継承される場合のように、
他人が経験したことでも、同一化作用によって自分の記憶になることもある。
いずれにせよ、記憶とは、種々の場面からなるデータの塊であるが、
そこには、これこれのデータに遭遇したらこう判断する、という反応パタンを決めているプログラムが
仕込まれている。だからこそ記憶に残る。

ハイアーセルフの意図を塞いでいるのは、記憶の場面場面をつなぐプログラム=反応パタンである。
これが上から降ってくるフォースを、本来の形とは別の形に変形させてアウトプットしている。
むろん、ワンネス帯域ではすべての出来事がすでに起きていて、記憶化(データ化)されており、
ハイアーセルフの意図は、必要な記憶を活用して実現する。
だから記憶しているのがいけないのではなくて、
不要な記憶をONにしたり、歪めたり、あれこれ余計な手を加えるから面倒なことになるんである。

エゴパイプの上方の穴を開けるのは、わりと簡単だ。
その穴はもともと開いていて、時機が来たときにそれに気づく、というだけだから。
キツいのはパイプの掃除だよ。
上方の穴(融合-分離の両側面があるエゴの融合サイド)に気づいてフォースが通るようになると、
そのフォースに押されてパイプの掃除が加速する。
まさかの記憶、隠しフォルダががんがん浮上。

なんだセルフアセンションって掃除かよっ! いつまでこれがつづくんだやってらんないっての!
って、私はたまに叫びだしそうになるんですが、
こないだもある件でキレそうになって、そしたら、

ソフィア@シリウス 魂宇宙の整序化は自然に進む。それは課題の消化だろうか?
あなたは、すでにかたづいたところの景色をちゃんと見ている?
モナ@アルクトゥルス 思い出すことを楽しみなさいよ。わざわざやってるんだから。

と諭されました。つか宥められたのかな。

ヒカリトイト。ひっくり返せばトイトリカヒ。
これを「問いと理解」と解することもでき。
「光と意図」のプロセッシング(時間展開遊び)は「問いと理解」からなるってことすかね。

2月26日(月)

スーパーで、レジの順番を譲ってもらった(@o@)
まじ!? 天使降臨!?
んな大げさな、って、この字を見た人には思われるかもしれませんが、
私の場合、ほんとめったにないことなんすよ。譲ったことはあるけどね。
自動販売機のジュースが当たるよりレアかも。生まれてはじめてかもw
スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 19:04:52|
  2. 新世界への回帰
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/767-5d063128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: