FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

宇宙会議いろいろ

2018.3.9(金)

楽しい。おもしろい。笑える。
けったいな(ネガティブな)状況にYESと言う。だってそれも楽しいっしょ実際。
閃いたら動けばいいし、閃かなければ寝てりゃいい。
そういう方向でよろしく。

メタフィジクス、セオリー、メソッドとかも自力で構築しよう。
コピペ、編集、アレンジは自由、自分仕様にとことん特化してOK。
言うことやること人とちがってて当たり前、どこにも権威はない。

・・・というのが、最近のあちこちの宇宙会議のまとめ報告です。
高次entityサイドは、もうほんっとに、個人の、個体宇宙のサポートしかしません。
惑星人意識で連帯するテラン(地球人)文明の起動を夢想していた一部のentityさんらは
前線から退却、個々人をサポートするグループの後方支援に回ります。
地球人集団は空前絶後の坩堝体です。
なので、個々人がほんとのほんとに正直に、周波数がむきだしにならないと、
意識の拡大は初動から進まないし、もちろんレゾナンスもグルーヴも起きない。
そのかわりグルーヴが起きたらすごい。起きなくてもいいけど。
見えない観光客が引きも切らないのは、こんなクレージーなの見たことないから。
まとめちゃうなんてもったいなくないですか。つかできないし。
私は「テランは天の川銀河のニューヨーカー」と考えてます。
NYが合衆国の端にあるように、地球は天の川銀河の端の太陽系にあるから。

なんとか評議会とか、大天使とか、神界仏界系などからは、
「人類」「地球」「日本人」等々の大きなキーワードを含むお知らせが来ることがありますが、
それは彼らのリーチがでかくて、俯瞰で降ろしてるからです。
そういうのは「四半期の景況速報」みたいなもんで、ザッと眺めとけばいいんだけど、
何かアクションを求められてる感があったら、自分サイズに落とし込むことをお勧めします。
「で、私にどうしろって?」と投げ返してもいいし、断ったってかまわない。
断れば人選やり直しになるか、案件のハードルをもっと下げて再送されるか、時機待ちになる、
いずれにしろ彼ら目線の大局では差異はなく、とくに困ったことにはなりません。

私は、見えない帯域では主に宇宙entityの会議、ミーティングの記録係をやってるのですが、
会議のようすは星系、集団によってほんといろいろで、おもろいです。
以下、施設や備品等は地球人仕様になぞらえて描写してみます。

<プレアデス星団の評議会>
天上のオペラ座みたいな会場で、出席者のみなさんは姿形も麗しく、所作は優雅で、礼儀正しく、
意見を陳述する人たちは声もしぐさも魅力的で、俳優さながらです。とにかく音がスィートです。
あれに近い雰囲気は、宝塚歌劇団の終幕のパレード(階段が出てくるところ)かな。
傍聴席にいる他星人の大半は見惚れ聞き惚れていて、内容覚えてないかもw
一記録係の私にも、マイセンのティーカップみたいなので高波動紅茶が出たりします。
こういうノリは、プレアデス星団の方たちにとっては日常なんで、特別なことではありません。

<シリウスの評議会>
打って変わって、四角い小部屋、作業台みたいな四角いテーブル、そしてパイプ椅子。
傍聴席はなく、見たい人は外のモニターで見るようになってますが、
各星のメッセンジャー(報告係)以外の人が見ていることは稀です。
出席者は作業服とか白衣とか、各人の担当業務の仕事着のままで、
みなさん、主旨や用件だけを訥々と述べます。話が長いと、議長に「結論を先に」と促されます。
一記録係の私にも、出席者の方たちと同じく、紙コップに入ったインスタントコーヒーが出されます。

<アルクトゥルスの評議会>
レトロなダサめのキッサ店みたいなとこに集まる。各人好きな席に勝手に座るので、
議長や記録係などの席もそのつど替わり、出席者に埋もれてしまいます。
注文もばらばらで、頼んだのとちがうものが出てくると大はしゃぎ。
会議形式はブレーンストーミングに近いといえば聞こえはいいが、とにかく脱線がひどいので、
要旨を把握するのが至難。
どこで傍聴してもかまいませんが、傍聴者はたいてい2階にいて、プレアデス人かイルカ族の
通訳を通じて、要約された内容を把握しています。

<オリオン・ホールディングスの評議会>
高層ビルの最上階VIPルーム的な会場で、ハイテク装置が常設されています。
地球人でいうと「組長」とか「若頭」といった役職があるアンダーグラウンド組織の雰囲気に
似ていて、女性ジェンダー優勢な出席者にも「姐さん」ふうの迫力があります。
席次や発言の資格、順番などには暗黙のキマリがあります。ときにつかみ合いのケンカ、
乱闘になることもありますが、重鎮の出席者が収拾をつけるので大ごとにはなりません。
「秩序(上下関係)」はオリオナンのプレイなので、堅気の人(他星人)には強要されません。
傍聴席はガラス張りの別室にあり、丁重にもてなされます。
「オリオン饅頭」みたいなおみやげもつきます。

<リラ・ホールディングスの評議会>
招集者の宇宙船内で、ホームパーティのように気軽に開催される。
クラブかオールスタンディングのライブのようなノリで、発言者はパフォーマンスコーナーに出て、
歌ったり踊ったり、漫談したりしながら、意見を訴えます。野次が飛ぶのは当たり前。
パフォーマンスと主張が有機的につながっていないと「スベってる」ことになり、
ブーイングが飛びます。議長は進行役というよりMCやDJに近い。
傍聴者は好きなところにいてかまいません。傍聴者といえども、議長や発言者から突然、
「さあ、きみならどうする?」などとタメ語で意見を求められることがあります。何が「さあ」だよ。

<ベガの評議会>
テーマによって円形とか五芒星といった神聖幾何学チックな部屋というか空間に集まり、
出席者をとり囲むようにして傍聴席が用意されています。
議長が誘導する祈りと瞑想ではじまり、瞑想と祈りで閉会します。
意見陳述や質疑応答にはご詠歌やグレゴリオ聖歌のような節がついており、
それが歌い継がれていくような形で議事が進行します。
ときにジャズのセッションのようになることもあり。
じつは歌詞のかなりの部分が高次元数学なので、傍聴者には事前に歌舞伎のイヤホンガイド
的な翻訳機器が配られます。

<ゼータの評議会>
リーマン幾何学的な曲面で構成される前衛建築めいた会場で開催。
傍聴席は壁にしつらえられたベンチで、ペットボトルの水みたいなものが置いてあります。
出席者全員が前衛デザイン的なテーブルについたとたん、開催宣告もなく、
いきなり本題に入ります。各人が山のように資料を提示し、その説明が長い。
レアなデータやサンプルがあると全員が身を乗りだしてきます。
些細な表現、数値のちがいをめぐって、平熱のオタクな議論が延々とつづくこともあり、
他星人には争点がわかりません。

一昨日には、指導教官から絶妙なタイミングでお電話をいただき、
上記の会議の話題で盛り上がりました。
で、話の流れは忘れましたが、最後のほうで教官が喩えとして出された「人形寺」のひと言に
爆ウケしてしまい、約1日半くらい思い出し笑いネタになってました。
ロジカルな笑いじゃないんで、ツボった理由は誰にも説明できないし、自分でもわかりません。
でもいまだにちょっと可笑しい。人形寺・・・プッ(゚ε゚)

~お礼~
Rさん、的を射たパワフルな拍手コメントありがとうございます。
セルフアセンションのキモを早々に察知された慧眼と、宇宙への的確なオーダー、
おみごとっす☆
スポンサーサイト
  1. 2018/03/09(金) 18:29:33|
  2. 超デムパ話
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/770-b208a2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: