FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

引き寄せ&予感のひみつ☆ウニキス@アルデバランとの対話

2018.3.21(水)

ウニキス@アルデバランとの対話です。
ウニキスの波動は聡明でチャーミング、地球人でいうと12~13歳で飛び級して大学院生を
やっている女子みたいな感じ。得意分野は通信技術と音言学(言語学)です。

ウニキス この対談、ちょっとキンチョーします。
ギャラリー多いし、ソフィア先生はメモとってるし、モナさんはガン見してるし。
みけ 気にしないで。みんなインテリアだと思えばいいよ。ではお願いします。
思考って、物にはならないよね?
ウニキス なりませんね。
みけ 高い周波数の波動が具体化するってのは、
(1)高い波動→エーテル帯域→物理像←物質波(元素の波動)
(2)高い波動→思考や感情
この2パタンで、(2)はだいたいそこで打ち止まり(Zero Point Fieldへ還る)だよね。
高い周波数の波動のなかには、思考や感情を「活用して」物理像へ現象化するものもあるけど、
全体の1割くらいじゃないかなあ。
なかには、①物理像への反応から生じる思考や感情→②①を加工した思考や感情
→③別の①から生じる思考や感情→④②と③を加工した思考や感情・・・みたいに、
複雑に迷走していて、なかなかZPFに還らないのもあるけど、それは置いといて。
ウニキス 思考や感情は、基本的にはそれ自体が創造物で、原因じゃなくて結果です。
つまり“現実”のひとつ。“現実”って物理像だけじゃないんです。
同時にそれは、基底次元で自他分離した“私”をやっているその人に向けての、
あなたの現況はこうですよ、というお知らせでもあります。
みけ 個体宇宙全体の天気図みたいな感じ?
ウニキス はい。波動が思考や感情になったら、具体化へのポテンシャルをそこで使い切るから、
ふつうはエーテル帯域まで展開(より具体的になること)しません。
次元上昇して基底次元が上がると、思考や感情のゾーンとか、それも超える帯域とかが
“現実”のメインになります。
でも、なかにはポテンシャルをまだ残していて、もっと具体化する余地がある思考や感情も
あって、そういうものはエーテル帯域まで展開していって物理像になります。
物や出来事になるものもあるけど、それより、音声や形と結びついて、言葉や身ぶりになって、
物理像に現れている他人へ伝達されるパタンが多いです。
みけ 高い周波数の波動っていうのは、まだ具体化の選択肢をたくさん残している、
ポテンシャルの余地が大きい波動のことだよね。そのMAXがZPF。

みけ 引き寄せの法則系の本を読み返していて、あれっ?って引っかかったの。
思考も感情も物理像という意味での“現実”にはならないんじゃない?って。
むかしは「へー、そんなもんか」って感じで、疑問はなかったんだけど。
ウニキス 引き寄せとかポジティブ・シンキングとかって、
思うことや言うことがダイレクトに物理像になるんじゃないんですよ。
思考や感情って、物理像ほど輪郭がシャープじゃないから、周りがにじんでるんです。
輪郭をつくる周波数の差がスロープみたいに緩やかで、余韻みたいなものがあります。
そこに物理像になる波動を呼び込む磁場をつくるテクニックです。
The low of attraction(引き寄せの法則)のattract(引きつける)って、そういうことです。
思考や感情がズバリ物理像に変換されるんじゃなくて、
物理像になる波動のうち、特定の思考や感情と親和性のある、相性のいい波動を引きつける
磁場をつくるの。
みけ 思考や感情が「似たもの(波動)」を引きつけるんであって、それ自身が変化する
わけじゃないと。
ウニキス 「クルマが手に入る」というのは思考、もしくは思考に音声や形を対応させた言葉で、
本来、そのクルマが目の前にあったり、運転している状況とは関係ないんです。
だけど、その考えが確信に近いくらい強かったり、
本来はお知らせや伝達に使われるはずのポテンシャルの閾値を超えるエネルギーが入って
きたりすると(クルマが手に入ると思うだけでワクワクするような状態)、
思考の周りの余韻が磁性を帯びて、物や出来事の像になる波動を呼び込むんです。
簡単に言うと、思考や感情の力が余って、外にあふれるような状態だと磁化します。
考えすぎると実現確率が下がるのは、不安とか疑いとかの別の思考ないし感情に
相殺されて、磁力がなくなるからです。
みけ 磁場ってどこにできるの?
ウニキス アストラル帯域だけど、もうちょっとでエーテル帯域っていう微妙なゾーン。
これがエーテル帯域まで浸透すれば、ほぼ実現ですね。

みけ 引き寄せの法則は、自他分離した“私”が意図して使うと、不健全なエゴの自己承認欲求を
かえって助長するからよくない、という見解があるんだけど、どうなんだろう。
モナ@アルクトゥルス 私的にいえばそういうこと言ってる輩に自己承認欲求を感じ・・・あっ、
なんで周波数を逸らすのよ!?
みけ インテリアから何か聞こえたね。ポルターガイストかな?
ウニキス ・・・(汗)。えっと・・・そんなことないですよ。
たしかに、個体宇宙のエーテル帯域にはその人に合う設計図が無数に潜在してるから、
上からZPFを通し、ハイアーセルフの“私”と一致する形で基底次元の自他分離がきちんと
できていれば、あとは自然にONになっていくんです、けど、
人によっては「自然に」とか「予め決まっていることが望むことと一致する」っていう方向だと、
テンション落ちちゃうんですよ。つまんなくなっちゃって。
そういう人は、自由意思を発揮して可能性を開いていくような仕掛けになってるんで、
どんどん引き寄せていいんです。
みけ リラっ気、アトランティスっ気が強くて、イケイケ魂質の人ね。
ウニキス 不健全なエゴの増長すら、ハイアーやガイドスピリットが、一種の教育プログラムとして
織り込んでるケースもあるし。だから人によります。
イケイケ魂質じゃなくても、引き寄せの法則を使うのが楽しいときは、それ、やっていいんですよ。
かなう、かなわないより、オーダーすること自体が楽しいときとかね。
周波数上がりますし。あるテクニックを使うかどうかより、周波数を上げるほうが大事です。
みけ 野球でいうと、自然開花、自然成就ってのはストレートの豪速球みたいなもんで、
いや自分はカーブやシュートやフォークも投げてみたいんだとかってのもありだし、
変化球のほうが得意だって人もいるもんね。 
ウニキス アセンションのルートも、チャネリングやヒーリングとかも、
人によって合う、合わないがあるから、自分に合う方法でやればいいんです。
これをやっちゃだめとか、やらないといけないってことはないです。アレンジもOKだし。  

みけ 何かがいちばん実現しやすいのは予感だと思うんだけど。
ウニキス 予感っていうのは、具体化の「ポテンシャル」と「形」が釣り合ってる状態だからです。
ZPFとか、すごい高い周波数の波動は、ポテンシャルは高いけど、
どういう形で具体化するか、まだ輪郭が定まってない状態です。
一方、輪郭がはっきりすると、フォースのポテンシャルをそこで使い切って、ZPFに還ります。
で、輪郭が定まったかどうかは、“私”が「気がつく」ということでわかるんです。
物理像だったら、視覚や触覚や身体内感覚で認識する、
思考や感情だったら、特定の思いや気持ちを認識する、そこでおしまい。
で、予感っていうのは、気がついていそうでついていない状態なんですね。
半ば形になりかかっていて、まだポテンシャルも高い。
なので、実現したあとで「あのとき予感がした」っていう形で照合しやすいんです。
どんな波動も何らかの形で実現するけど、予感は形になる直前の下描きみたいなものなので、
それをキャッチしてると、「そういえば」って、あとで確認できるわけ。
みけ じゃ、いい予感がしたら、あれこれ詮索したり、言語化したりしないほうがいいわけだ。
ウニキス ですね。追究すると、思考の帯域で輪郭化して終わりになるか、縮小します。
反対にわるい予感だったら、「何かを怖れている」ことに気がついて、
怖れの感情を浮上させて承認してあげれば、かなり軽減します。
もし怖れの対象まで見えてきたら、実現確率は限りなくゼロに近づきます。
「今日はクルマに乗らないほうがいい」といったみたいに、対象がはっきりしてる予感の場合は、
たいてい回避行動とセットになってますし。
でね・・・くふふふ。
みけ なに? キモいよ。
ウニキス これは上級者向けなんですけど、ほんとは予感に「いい」も「わるい」もないんですよ。
みけ@アリョーシャさん、統合の鉄人のアルクトゥリアンだからわかりますよね?
みけ 統合の鉄人または極化できない運痴星人だよ。あ、この言い草こそ統合じゃん、くそっ。
えーと、高次帯域は+10と-10を区別せず、ともに10という量ないし角度になるってことね。
ウニキス そうです。なので、わるい予感ってポジ転できるんです。
「なんかやばいかも」っていうアッパー系のわるい予感、
「このままずるずる行ったらお先マックラ」っていう時間思考込みのダウナー系の予感、
どっちも、「これなに? どうなるの!?」っていう観察してみようモードにギアチェンジすると、
単なるワクワク感になっちゃう。
みけ 不快なこと、苦しいことって、個体宇宙がZPFのフォースの循環をよくしたり、
バランスをとるために、ブロックになってる輪郭を崩そうとして起きる現象だけど、
要は10だったら10のエネルギーが通ればいいわけで、+-どっちに寄ってもいいんだもんね。
ウニキス セルフアセンションがある程度進んで、社会の集合的システムとかにとらわれなく
なると、「よい」も「わるい」もなく、ワクワク、ドキドキ感でしか来なくなりますよ。 
スポンサーサイト
  1. 2018/03/21(水) 17:53:01|
  2. 新世界への回帰
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/773-727c4e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: