FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

他人の話を観察モードで聴く

2018.4.22(日)

今年に入ったくらいからずっと、
自分(の宇宙)と他人(の宇宙)との境界線を明確にすることを求められている。
個体宇宙はそれぞれ異なるから、それはもとから質的な、というか総合的なちがいとして
現れている。明確に、とは、それに気づけということ。
ワンネスは個体宇宙の十全な発現を前提としており、それを摂理として要求する(そういう
しくみなんだからそうならざるをえないということ)けれども、
ワンネスがトゥッティ(全員の合奏)として表された状態は、
他人(の宇宙)への共感や同情や気遣いとかで調整された予定調和とは全然ちがう、
そのことが、心情的になかなか得心しにくいからでしょう。

私は自分が人外系だと気づく前から自他ともに認める変人フォルダ枠だったので、
どんなに親しい人でも、人が自分の思うような人じゃないことは、
リニア時間でいう「幼少のころ」からずっとマイ原則でした。
しかし同調圧力に気がつかないほど集合体、集団のエートス(規範、慣習)を落とし込んでいて、
「人はこれこれの出来事に遭ったらうれしいはずだ/悲しいはずだ」
といった一般的反応通則が何か考える以前に動きだすような人には、
説明しても納得してもらいにくいことです。つか説明しないほうがいいですね。

社会的なコミュニティと、超物理像帯域の縁とは一致していません。
超物理像帯域のほうは、ある程度の年月をともに過ごすといったような時間、空間の近接性とは
関係なく、時間的には永遠で刹那、空間的には無辺で一点の舞台で、
何度出会っても、そのつど一期一会の邂逅として起きます。
家族、友人、何かの活動をともにしている仲間であっても、個体宇宙として別々、
周波数も時と場合によって変わります。
ある時期、意気投合しても、それがつづくとは限らないし。てか継続って時間思考でしかないし。
そういう実態が、はっきりしてきており、
リニアな暦時間の進行においても、よりはっきりしていくでしょう。

人の姿形をした個体宇宙になっている人は、もうエネルギーの動きのままに動いているので、
家族だとか友人だとか社会的なコミュニティの形には囚われていません。
そうなってみればわかりますが、
そこにこだわってると直感、デムパの速度についていけないよ。

個体宇宙になっちゃった人ってのは地球人の形をしたentityです。
そういう人が、<人類>の一員プレイをやっている人と接すると、
相手の言動から、ともすると最初の第一声とか、メールを開いたとたんに、
その人の真意とか、その人が置かれている状況の全体像などが、
一発でわかってしまうことがあります。でもだからといって、周波数に開きがあると、
「それはハイアーセルフの視点に立てばギフトだよ」
てなことを直言するわけにはまいりません。ハイアーだとかなんとかいう用語を使わないで、
「これこれの社会通念をはずしてみれば、ちがう景色が見えてくるんじゃない?」
というような言いかたでも、ほとんどの場合はむずかしい。
相手は、自分の思考や感情の根拠が社会通念にすぎないことに気がついていないからです。
ただし、コスモス化した人が<人類>の一員をやっている人より偉いというわけでは
決してありません。ただ周波数がちがうだけです。

こういう場合は、傾聴に徹することが最善です。
相手の話には入り込まず、
自分の思考や感情が動きはじめて心のなかのおしゃべりが出てきたらそれを通過させ、
ただただ聞いていく。
と、その人はそのときの落としどころ(それはまだ「真意」や「全体像」まで至っていないとしても)
を自分で見つけて、自問自答の形でケリをつけられます。
相手の話に入り込むというのは、
話に出てくる人物や出来事、話しているときの相手の表情や挙動などを読んで、
自分だったらこうするとか、一般的にはこうなるとか、
経験記憶や知識に照らし合わせて、回答っぽい考えを構成していくことです。
つまり、いくつかのデータを自分のマインド帯域に採取してシミュレートすることです。
どんな見解、意見がアウトプットされてこようと、
それは自分(の宇宙)バージョンのお話に沿った見解、意見にすぎず、
相手(の宇宙)に適した回答ではありません。
私も、ぼんやりしていなくてむしろいくらかイケイケな波動のときに、
うっかりそのテの思考を走らせてしまうことがありますけど、
案外、自分が思ってるよりエネルギーを消費するんで、気づいた時点で止めたほうがいいすよ。

誰に対しても親身にならない。
これは本当に百パーセント、他者をその人の宇宙ごとリスペクトしていないとできないことです。
私もまだできているとはいえません。

何か人に対して親切な行為をするとか、言葉をかけるときなどは、
それが必要なときに、自分の宇宙で起きます。
なので、人への親切は、すべて自分のためにしていることです。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/22(日) 17:04:41|
  2. デムパ話
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/780-8602bbe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: