FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

気づきから得心までの時差を解消する

2018.6.5(火)

6月に入ってすぐ、最近のソフィア@シリウスとのチャネリング対話です。

みけ アセンションという用語で言われている意識拡大作用の要って、
自分があらかじめ承認されていることを納得することだと言っていいですか。
ソフィア 承認しているのは誰、あるいは何ですか。
みけ 虚空。Zero Point Field。
ソフィア それはあなた、つまりあなたの“私”意識ですか?
みけ いいえ。ZPFは「全部ある」と「何もない」が渾然一体のフォースそのもので、
観察も創造もしていないからです。
観察し創造する“私”意識ができるのは、ZPFを「対象(外側)」として認識しはじめる0/1帯域。
こういうふうに説明すると空論ぽいけど、要するに、ちょっとでも意識があれば、
もうZPFに留まったままじゃなくて、“私”を通した観察と創造がはじまっています。
ソフィア あなたの“私”意識ではないZPFが、あなたの“私”意識を承認していると、
どうしてわかるの?
みけ “私”意識が“私”でありながら同時に“私”じゃなくZPFだから。
つまり“私”意識として自他分離し、ものごとの区別をつけつつ、もう一方では渾然一体だから。
で、渾然一体サイドってのは、観察も創造もしていないので、
「これはよし」とか「それはちがう」といった区別も一切せず、
自他分離した“私”の観察と創造がどうであろうとも、無条件にフォースを供給します。
それが無条件の、あからじめの承認です。
でも実感的には、わかるからわかる、ダイレクトにわかる、って感じなんですが。
ソフィア 突然わかったの、それとも徐々に?
みけ 突然、ふっと。暦上でいうと2018年の5月の終わりに。
何が起きたのかというと、一瞬、行動強迫がまったく消失したんです。
月単位、年単位のことじゃなくて、あれしなくちゃこれしなくちゃっていう、
目先の先回り思考ですけどね。
あれ、もしかしたら何もしなくていいんじゃないかと。
マインドがきりきり予想図を出して指示を出して、って発動しなくても、
この世界は勝手に回っていて、身体もマインドも、必要があれば自動的に参加している、
私の個体宇宙が、私の身体やマインドを活用して動いていく・・・そんな感じ。
そしたらそれは、あらかじめ無条件に自分が承認されている世界だったんだよね。
対象が個人でも集団でも神様でも、何であれ、
自他分離している“私”の存在意義を認めてもらうために、何も発動させる必要がない。
自他分離のないZPFは常にYESで、
どんな状況でも、“私”の観察と創造を実現するフォースは流れているから。

ソフィア OK。「アセンションの要は無条件の自己承認を納得することか」という
最初の質問への答はYESです。要である、とは、一切の観察/創造の土台、前提ということ。
けど、あなたの訊きかたには、気づくことと得心することの間には時差がある、
という意味が含まれているね。
みけ それ。気づいてすぐそのとおりになることもあるけど、すぐには変わらないこともあるん
ですよ。それって、しばらくは自動的に経験記憶で動いてるせいかな。
時差ボケとか、船から下りてしばらくは地面が揺れてる気がするみたいに。
ソフィア 記憶とはなんだろう?
みけ あるプログラムに、ある変数をインプットすると、これこれの結果がアウトプットされますよ、
という、そういうデータの集まり。
「×5」というプログラムだったら、2を入れれば10になるし、3だったら15になる。
これが「×3」だったらどうなるとか、そういうデータが無数にあって、
いずれもZPFのフォースの実現形式です。何かが実現するときのデザインといってもいい。
ソフィア では、本当にあったことの記憶、経験記憶とは?
みけ リアリティが濃厚なデータ。それが「かつて起きた」「知っている」という時間表現をとって
ONになる、顕在化します。過去形なのはそのたしかさ、リアリティの濃さを表しています。
ソフィア ではリアリティの濃厚なデータと、希薄なデータとのちがいは何?
みけ えーと、“私”との距離ですね。ああそっか、リアリティの濃厚なデータ、経験記憶って、
「私の記憶」「私の過去世」「私が何度も経験したパタン」みたいに、“私”と密着している。
“私”が記憶というデータで着ぶくれしてアイデンティティになってます。
てことは、気づきと得心の間に時差ができるのは、“私”が経験記憶と同一化されてて、
0/1‐ハイアーセルフからまっすぐ下りてる観察/創造意識になってないからだ。
ソフィア “私”がどんなデータも対象化して観察/創造しているとき、
データつまり記憶が「本当にあったことかどうか」という問いは立たなくなる。これはわかる?
みけ わかります。日付がいつであっても、記憶という形で出てくるデータはどれも
物理像じゃないんだから、物理像を「本当」の基準とすれば、どれも本当じゃないし、
物理像に関係なく存在するかどうかということなら、どれも本当だから。
ソフィア だから、“私”がどんなデータも対象化して観察/創造していれば、
あらゆるデータを記憶として呼び起こして使えるようになるんだよ。
“私”が観察/創造している場に必要なデータ、記憶がすべて下りてくる。
みけ だからマインドから何も発動させる必要がないんだ。
ソフィア あなたはそれ、もうわかってるよ。
みけ へ? そうなの?
ソフィア そちらの暦上の2018年5月、モナ@アルクトゥルスに、物理像にフォーカスしろって
言われてたでしょう。ほとんど付きっきりで。
みけ ええ。5月ってマインド揺れ揺れ月間だったんですよ。
特定の考えや感情にとりつかれてたわけじゃないんだけど、気分の帯域のへんで重くって、
何か急(せ)いているような、焦燥感ぽい感じもあって、
ちょっとそっちに呑まれぎみになると、あれしろこれしろって、ちまちました発動要求が
五月蝿(うるさ)くってさ。
それで、モナが、目に映ってる指先を見ろとか、左の足が床に着いたのを感じろ、次は右、とか、
一日じゅうじゃないけど、一日に何十回みたいな感じで、四六時中、指示してきてたの。
教わったことはないけど、ヴィパッサナー瞑想やってるみたいだった。 
ソフィア “私”意識が観察/創造している最も具体的な帯域、つまり基底次元に注意を向け切ると、
“私”意識すなわちエゴから基底次元でないもの(記憶)が剥がれて、
全部の超基底次元データを均等に対象化して使えるようになるのよ。
要は、エゴをリセットできる。
一般的に、外側で嵐が吹き荒れてるときは内側に集中しろと言われているけど、
それはむしろ逆で、どんな嵐も内側と呼ばれている帯域で起きるのだから、
外側とされている基底次元にフォーカスすることで回復するんです。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/05(火) 17:04:39|
  2. デムパなメソッド
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/789-6ad5779d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: