FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

実現のメタフィジクス(力学)

2018.6.17(日)

Zero Point Fieldのフォースが出来事として実現するとはどういうことか、
というテーマで、モナ・アマーリエ@アルクトゥルスとのチャネリを記事にしました。
ブログの記事としてはかなり長いので、各段落ごとに見出しをつけてみました。
長文めんどくさい方は、見出しだけご覧になるのでもよくってよ。

1.観察/創造と実現のポテンシャル(可能性)は反比例する

みけ “私”が何かを外側に対象化して観察する、と、同時にその場面が創造される。 
これはZero Point Fieldのフォースが具体的な形をとって実現するってことだよね?
ZPFが“私”という認識装置を使って、自身を具体的な形として認識する、
と言ってもいいんだけど。
モナ そうです。
みけ これは西洋古典哲学の「形相」(=“私”)と「質料」(=ZPFのフォース)という枠組に
似ているけど、古典哲学では質料よりエライとされている形相が、
じつはおバカだとされている質料から生まれているという点で、クラインの壺的なねじれがある。
ZPFを具体化する“私”は、ZPFで生じた原初の違和感、あるいは最初の気づきによって、
「これではない」とZPFを外側に対象化して、対象化したZPFを認識する側になった意識だから。
要するにZPFから分かれて認識主体になったのが“私”だから。
モナ そうよ。で?
みけ “私”が観察すると同時に創造が起きて、即、出来事が完了するってことは、
そこでZPFのフォースを具体像にし展開して使い切るわけでしょ。
てことは、ZPFのポテンシャル(実現可能性)ってその分、減るでしょ。
つまり観察/創造とポテンシャルって反比例するわけじゃん。
モナ 反比例だったらどうなのさ。
みけ だったら、なるべく観察/創造しないほうが実現のリキって大きくなるんじゃないの?
モナ なに、それでポテンシャルを貯金しとこうって?
みけ まあ、そう。
モナ バカだねーーーwww なんでも実現すりゃいいってもんじゃないじゃん。
いい? 「なるべく観察/創造しない」ってどういう状態よ。
みけ だから、経験記憶とか、そのときの気持ちや気分にしたがって動く・・・って、あれ?
これはマズいね、たしかに。
“私”が唯の認識装置になってないと、「時間」や「空間」や「人生」に囚われたままだし。

2.下で起きている出来事は、上でも起きている

モナ こういうお話はおソフィア様向きなんだけど、
私も勢いだけのentityじゃないってことを証明するために、このお座敷は私が務めるわ。
まず、出来事ってのはね、どっかの次元(周波数帯域)で単発で起きるんじゃなくて、
個体宇宙全体で起きるんだわ。たとえばAという出来事が起きるとすると、
ハイアーセルフA‐高次帯域A‐マインド帯域A‐物理像(※)A
と、いくつもの層で、同時に、その層のバージョンで起きている。
※物理像は物質波をエーテル界面に反映させた像で、厳密にはエーテル帯域に属する
だから、高次帯域で出来事Aが観察/創造されても、それは高次帯域のバージョンが完了した
ってことで、Aにはまだ、より具体化されていく(ディセンションする)余力がある。
いわばまだラフスケッチで、下絵とか色を塗ったりとかの工程が残ってる。
時間的に展開するこの工程が、タテに、垂直に並んでると思ってもらっていいわ。
みけ たとえば何階建てかのビルがあって、てっぺんの人はコンセプトを出すだけ、
その下の階の人はラフスケッチしか描かない、その下の階の人は下絵だけ、みたいな。
で、いちばん下の物理像で完成品の絵になるから、
最下階だけ見てると全部の作業が同時に行われたことになると。
モナ そう、そんな感じ。でも“私”意識ってのは全部の階を貫いてるから、
どこに観察/創造の焦点を当てるかによって、Aの現れかた(Aの相)が変わってくる。
観察って、対象をとっくりと吟味する的なイメージを持たれがちだけど、そうじゃなくて、
ラフスケッチの段階なら、ZPFのフォースをラフスケッチとして出現させる、
アクティベートするってことなんだよね。その次元に合う形で実現させる。だから観察即創造。
みけ 気づいた瞬間に場面が出現していて、場面が出現した瞬間に気がついてるってことね。
観察/創造って、思考に対応させた<人類>言語による表現で、
制約的な時間や空間の思考が織り込まれてるから、
「瞬間」と言ったところで「いくらか時間がかかっている」イメージは拭えないけど。
モナ 観察/創造の対象と同一化してセルフイメージに繰り込むってことがなくなって、
エゴが研ぎ澄まされると、
× 短い瞬間の時間に観察と創造が起き、それが加算されて世界像ができる
 “私”が焦点を絞る(注意、関心を向ける)ことで対象がアクティベートされる
  起きていることはそれだけで、認識意識でしかない“私”には時間も空間も介在していない
ってことが、「感じ」としてわかってくるよ。
対象に“私”を重ねてると、どうしても対象の行方が気にかかって、そっちを追っちゃうけど、 
“私”から対象が剥がれると、“私”のほうにウエイトが移って、
アクティベートした場面の持続性とか空間範囲とか、そういう発想がなくなるから。

3.高次帯域を見聞きできなくてもいい

みけ 私には高次帯域を観察/創造しているっていう自覚がないんだけど。
モナ 観察/創造=アクティベートは、その次元に合う形で起きるって言ったじゃん。
だから、それが物理像やマインド帯域の形で、何かの光景や音声として出てこなくても当然。
でもさ、最終的に完成した絵にも、下絵にも、コンセプトやラフスケッチが含まれてるように、
物理像にもマインドにも、高次帯域のアクティベートって活きてるの。響いてるよ。
ただ、高次帯域でアクティベートされた波動が、全部下の次元に下りるわけじゃなくて、
そこで完成して完了しちゃうケースもあって、むしろそのほうが多い。
「これはわざわざ物理像にする必要ないね。これでOK、完成だわ」っていうケース。
みけ それは試作品というわけじゃなく?
モナ 試作品とはちがう。「このラフスケッチはこれだけでコンセプトを十分表現できてる」
ってやつ。そこでZPFのフォースのポテンシャル(実現可能性)を使い切ってる。
みけ 物理像まで下りる波動は、そこまで展開してみないとわからない、
まだ謎めき余地がある波動なんだ。
モナ うん。で、マインド帯域ってのは、もうかなり具体的なの。
形のないデータが時間形式に沿って記憶イメージに翻訳されるのもマインド帯域だし。
なので、マインド帯域で観察/創造=アクティベートされた波動の大半は物理像まで下りない。
ここを超えて物理像で実現するのは、
①最初からマインド帯域の認識対象ではない波動~ある物体がある形状に見える、
特定の音声が聴こえる、身体のある部位にある感覚を感じるなど、体性感覚化する信号。
要するに最初からマインドを通過して物理像になることが決まっている信号
②マインド帯域で思考や感情になったうえで、それが活用されて出来事になるケース
③本来、マインド帯域でアクティベートされて思考や感情などになるはずの波動が、
観察/創造されず、スルーされて、物理像での実現化のエネルギーに使われるケース
この3つで、③は出来事の振幅が烈しくなる。
スルーされた分が加わって、物理像になるのに必要な本来のエネルギー量を超えるから。

4.ポジにもネガにも傾かないニュートラル状態で、最適の出力になる

みけ イメージ記憶とか、そのイメージをつくってる潜在観念(思考のもとになるメタ思考)とか、
いろんな考えとか気持ちとか、そういうマインドのエネルギーを、“私”がきちんと対象化して
認識できれば、そのエネルギーはそこで使い切られて完了するんだよね? 
そうやって、散らかっていたマインド帯域の掃除が進むと。
けど、振幅が烈しい出来事って、反応次第でネガティブにもポジティブにもなるでしょ。
だったらさ、マインドの掃除なんて全然しなくても、
「わースゲ!」とか「どうなっちゃうのわくわく」とか、ポジで受けられれば問題なくない?
モナ 原理上はそうだけど、地球人って「“私”の消滅」っていう、ありえないことを怖れてるから、
ネガティブ優位で、おおかたはネガティブに反応しちゃってるよね。
それに、そもそも物理像世界にそんな烈しい振幅っていらないのよ。
振幅を大きくしてる余計なエネルギーは、本来はマインド帯域で使われるはずの分なんだから、
マインドで観察/創造すべきことはマインドでやっておいたほうがいい。それが最適。
みけ ニュートラルがベストってこと?
モナ ここでおソフィア様の波動形態模写いくわよ。
「ウォッホン! ニュートラルとはどのような状態だろうか?」
みけ デフォルメやばいw 清水ミチコさんみたい。
モナ 「+でも-でもない0°とは、フォースが中庸に調節された状態だろうか?」
みけ いいえ。0°は、ZPFのフォースが+にも-にも迂回せず、最短距離、最速で
回ってる状態です。
モナ 「然り。これですべてわかったなどと思わぬように(←合格を意味する定型句)」
われながらいい出来。こんどアストラル酒場で披露しようかな。
そう、0°ってじっと止まってるわけじゃない、凪いでないの。 
最小のパフォーマンスでZPFが動いてる状態。これがナチュラルな状態。
たしかに観察/創造=アクティベート=認識によって、
ZPFのフォースのポテンシャルはだんだん下がっていくんだけど、
ZPFのフォースってとてつもなく大きいからさ、E=mc∞みたいな。
そのまま下ろしたらえらいことになる、てか、できませんから。
だから、各次元で適切にエネルギーを使って、成形していくんだよ。
どこの次元だろうが、ニュートラルで過不足なし、ジャストフィットの像になる。
そのニュートラル状態が、テラン的には「ポジティブ」なんだよね。
ネガティブへの傾きが常態になってるから、まんなかはポジ寄りに見える。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/17(日) 16:22:09|
  2. 実現のメタフィジクス
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/791-4af3810a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (110)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (97)
アセンションについて (7)
実現のメタフィジクス (5)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (25)
この女(ひと)を見よ (31)
カルタあそび (2)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (37)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: