FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

ポコポコ実現

2018.7.27(金)

2018年の6月半ばからしばらく、「実現」というテーマについての記事がつづいたので、
「実現のメタフィジクス」として、1つのカテゴリーにまとめた。
通りすがりにご覧になった方に、何らかの参考になればさいわいです。

言葉は、見えもさわれもしないが比較的自覚しやすい思考、感情、気分(マインド)に
対応する道具なので、言葉にするとどうしても七面倒くさい表現になりがちですが、要は、
ふっ、と浮かんだことが、ポコポコと実現しやすくなるということです。
その前提は以下の3つ。
①Zero Point Fieldとつながっている
ZPFとつながることは②③を促します。
②“私”が澄んでいる
“私”意識(エゴ、自我)のスジてっぺんから地面まで通っていてブレておらず、
どんな思いとも、entityとも同一化しておらず、夾雑物が混じっていない。
③コヒーレンス
見えない宇宙の各層と見える宇宙とが相似形で重なっている、コヒーレントである。

実現というのは、コンセプトがデザインや仕様になるとか、それがさらに製品になるとか、
上位の段階が、より具体的になることなので、
物理像で、物や出来事として現れるケースばかりではありません。
マインドで、考えや気持ちやイメージとして「わかる」という形で具体化するケースもあるし、
夢のなかで具体化したことがヒーリングになっているケースは多々あるし、
高次帯域で、もっと漠としたエネルギー的な感じで具体化することもある。
Zero Point Fieldのフォースは、それぞれの帯域の“私”の観察/創造によって、
それぞれの帯域に適した形で具体化する。
で、コヒーレントなときは、高次の“私”の挙動なんか全然自覚してなくても、
勝手に最適な具体化が起きる。

で、ふっ、と浮かぶことが「~が欲しい」「こうなったらいいのに」「こうなりますように」
といった、願望形とか仮定法願望形みたいな形をとることもある。
“私”を軸とする個体宇宙がコヒーレントなとき、やってくるそうした願望形は、
もう充ち足りていなかったり感謝が足りなかったりする兆候ではないんで、
放っておいていいのです。放っておけば、適した時機に実現します。
引き寄せ工作が必要なら高次屋さんたちが勝手に仕掛けてくるし、
何か行動が必要なら、一念発起しなくても身体が勝手に動く。

“私”が「中年の男性」「主婦」「こういう性格」「これこれの実務経験がある」といったような
限定的なセルフイメージと同一化しているときに抱く欲求や、
何かの思いに同一化して自己犠牲的な献身モードになっているときの利他的欲求は、
究極には自身による自己承認に必要な要素を充たそうとして、
悩みや欠乏にもとづいて発動されるので、
欲求にストレス感や焦燥感が混じっています。
どうしてもこうあってほしいとキリキリ念を込める感じ(「昨晩捨てたあの部分だけはテストに
出ませんよーに!」と祈るときのあの感じ)とか、
ハズレたときの凹みを和らげるために、あらかじめ「やるだけはやってみる」的な諦めを
まぶしておくとか、
実感的にいってズッシリ重かったり、翳りがあったり、どこか輝きがないんですわ。
フィクションでもノンフィクションでも、ドラマのネタになるのはこういう欲求ですが、
①②③の前提ができていると、こういう欲求が渦巻く世界とは縁がなくなります。
興味がなくなるので、袖も擦り合わなくなる。

①②③の前提ができてるときに出てくる欲求は、
煩わしくも悩ましくもないんで、煩悩ではありません。
それが唐突でも、かつてどこかで願ったことの差し戻しでも、ベタベタに生活密着系でも、
無邪気で、軽やかで、「えーこれかよ」って、ちょっと笑える感じもある。
『夏の夜の夢』の妖精パックとか、ムーミントロールとか、
人外系フェアリー族のメンタリティに近い感じがする。

実現の原則は、「既に(上の次元で)成っていることが成る」です。
物理像が最終形となる場合、
高次帯域にデザインがあれば、マインド帯域にはそれに呼応する仕様書があり、
両者が相似形でそろって、相似の物理像へ跳ぶ(量子跳躍する)はずなのに、
マインドがねじれこじれしていたんで、
受け皿となる仕様書がどっかに雲隠れして出てこず、
保留になってる案件が多々ある。
「欲しい」とか「こうなったらいいのに」という願望形は、
デザインに対応するその仕様書を呼び出すコマンドです。
仕様書とは、物理像で実現したときのイメージのことです。

波動が具体化する案件の数は、
 高次帯域 > マインド > 物理像
の順で多く、
1つのコンセプトに対して多数のデザインが、1つのデザインに対して複数の仕様書が描け、
最終的に製品に落とし込まれるのは1つであるのと同じように、
上位次元になるほど実現ポテンシャル(可能性)が余っていて、
「もしも」の余地がたくさん含まれています。
そのなかで、物理像が実現のゴールになる案件(下記のA)については、
 高次帯域A-マインドA-物理像A
という相似関係でそろえる必要があり、
マインドの仕様書(物理像での実現イメージ)をすっ飛ばすわけにはいかない。
なので、「欲しい」「こうなったら」のコマンドで仕様書(イメージ)を呼び出すわけ。

①②③のお膳立てができて、ようやく、引き寄せの法則がまともに機能しはじめる、
といってもいいかもしれません。

あたしはまだセルフイメージも煩悩も消えてないしぃー、
コヒーレンスにはまだまだ程遠いってカンジだから、
ふと浮かんだことがポコポコ実現なんて当分先の話だわ2024年くらいかしらアハハ、
などと人ごとモードで斜め読みしてる画面の前のキミ、甘いよ。
宇宙ってのは完璧主義じゃないんで、
8割方できあがってればクリアとみなして次に進んじまうんだよ。
ポコポコ実現の時代はもうはじまっている。

で、おわかりになる方にはおわかりになるかと存じますが、
ポコポコ実現てのは、お願いしたことがなんでもかなっちゃうステキなステージ到来!
って話じゃなくて、
あれってまさかのオーダーだったの!? えええーっ!?って件が増えるぜ、
<人類>風味な時空先入観通用しないからそのつもりで、って話です。
移行期にはフェアリーテイストが前景に出てくるけど、
フェアリーはいたずら大好きだってことお忘れなく。
スポンサーサイト
  1. 2018/07/27(金) 17:21:20|
  2. 実現のメタフィジクス
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/798-4cc1735d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: