FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

「社会」というまぼろし

2018.10.2(火)

筆者のガイドentityのひとりであるソフィア@シリウスとの対話です。

みけ 今回は珍しく、「社会」についてうかがいます。
つっても、私がマインドでキャッチしてる範囲の、せまーい社会だけどね。
最近、むかしの、「ニューエイジ」の時代の本を読み返していて、
初読のときの自分がどう受けとめていたのかはもう憶えてないんですが、
今の自分にはあきらかに当てはまらない部分が多々あり、
けど、それはさほど気にならなくて、エッセンスは今でも役立つと思ったの。
ただ、自分がマインドでとらえてる「社会」のほうは、ニューエイジの本が書かれたころ
からあまり変わってない印象があって。
ソフィア どういう印象?
みけ 大前提として客体としての物体があって、物体の一部である身体があって、
身体の諸反応や、諸反応を象徴化した言葉や身振りとかから主観世界ができる、
この客体‐空間‐時間思考システムにもとづいて、システムに気づかずに、
客体である環境から客体である自身の身体や、
身体に依拠する主観世界を守る活動がつづいてるってことです。
それが将来設計であり人生設計であり。具体的には、受験とか就活とか婚活とか、
脳をはじめ身体の諸器官の健康を維持したり、衣食住をメンテナンスする活動。
メンテナンスって、健康や衣食住を楽しむためじゃなく、
自転車を漕ぎつづける機能を維持するためにしてるんです。
ソフィア 自分がシステムに気づいて、「私」を軸とする感覚宇宙になっていても、
マインドにはシステムを前提とする情報があふれている、ということ?
みけ そうです。
ソフィア あなたはそれでがっかりしたり、不安になったりしているの?
みけ いえ。私はもともと土台のシステムがちゃんとインストールできてなくて、
仮縫い状態だから、脱システム一択なんですよ。
ウォークインしてこのかた、ずっと違和感があってずっと不安で、ずっと背水の陣、
だからこのままだとやばいとか、今からでもちゃんとしなくちゃ、ってのはありません。
ずっとキワキワの綱渡りでやばかったんだもん。
マインドでとらえた社会の情景とズレてるのも、ずっとそうだから、気にしてません。
ソフィア じゃ、いいじゃん。何が引っかかってんのよ。
みけ えっとね・・・スピリチュアルとか精神世界チックなことやっている人は、
それが多数派かどうかはわからないけど、少なくとも一部の人たちは、
自分の量子跳躍(覚醒、気づき)と社会の変化がシンクロすることを期待してた気が
するの。2012でも2016でも2024でも何でもいいんだけどさ、
あるターニングポイントみたいなのがあって、そこから加速がつくみたいな。
でも私の「感じ」では、とくにシンクロしてないし、加速もついてないのね。
それでがっかりして脱スピする人が増えても、私的には全然どうも思わないんだけど、
そうね・・・この「巻き込み力のなさ」ってどういうこと?っていう疑問です。

ソフィア わかった、OK。
では、あなたがマインドでとらえた「社会」で、就活する人の着地点はどこですか?
どうなれば就職活動は終わるの?
みけ 就職です。会社とか役所とかに入ることが決まれば終了です。
ソフィア 婚活は?
みけ 結婚する相手が確定すれば終了。
ソフィア そうした何々活の最中に、その先のことは射程に入ってる?
たとえば、就活の最中に、結婚のことは計画に含まれていますか?
みけ 考えている人もいるかもしれないけど、一般的には考えてないと思います。
まだ予測できないってこともあるし、先を考えすぎると身動きとれないかもしれないし。
ソフィア 就職とか結婚とかは将来設計、人生設計の中間目標だよね? 
で、就活とか婚活とかは中間目標に到達するための実行プロセス。
だとすると、全体図が描けてないのに中間目標が決まり、
何々活をはじめられるのはなぜだろう?
みけ みんながそうするから、乗り遅れないようにするためでしょう・・・あ!

ソフィア 9月の半ばくらいに、あなたは、ソファイア@シリウスから、
かなり強いメッセージを受けとってるよね? 
みけ ・・・あれね。単刀直入すぎて、コワくて公開してないんですが。
ソフィア それは巻き込み力云々の話と、本質的なところでつながっています。
どんなメッセージでしたか?
みけ 客体‐空間‐時間思考システム、つまり仮想集合システムの目的は、
「私」を客体化した身体とそこから派生する主観世界に閉じ込めておくこと、
言い換えると「私」がハイアーセルフであることに気づかせないこと、だから、
催眠術にかかった人みたく、気づかずにこのシステムにしたがっていると、
「私」は独自の意識ではなく、大勢の身体+主観の1人と定義(思考)される。
「私」を客体化した身体+主観にダウンサイジングすることで、
自分を大勢の身体+主観のうちの一体だと思っている金太郎飴みたいな人間が
いっぱいできて、その同質性が規格化します。
そこから「集合体からはみださない」という暗黙の規範が生まれる。
人間が本当に<人類>という動物種のような群的な存在だったら、
そんな規範なんかなくても規格内に収まるんだけど、
本当は個々ばらばらで、意識の奥底ではヘンだって気づいてるから、
ハイアーセルフとしての「私」を不活性にしておくために、規範で縛るわけ。
ソファイアが伝えてきたのは、
この規範を守ることでどんな見返りがあると信じられてるか、ってことです。
ソフィア どんな見返りですか?
みけ まず安全。「集合体からはみださない」という規範は、
身体+主観に制限された「私」を、客体(物体)でできた環境からもたらされる
リスクから守るための安全策と考えられています。
ただ、身体が客体の一部である以上、機能の減衰、停止は避けられず、
これは身体+主観が「私」になってる人にとっては、
「私」が消滅してしまうということを意味します。
けど、規範を守っていれば、「私」の消滅は穏やかに起きると期待されています。
ソフィア 「集合体からはみださない」という規範を守っていれば、
実際、安全であり、穏やかに消滅できるのですか?
みけ いいえ。仮想集合システムの目的は、
①「私」を身体+主観(マインド帯域)サイズに制限すること
②仮想集合システムそのものを維持すること
この2つだけなので、安全とか穏やかな消滅なんて約束していません。
ただ、そうでもないとやってらんないというか、希望がないんで、
不自然な規範を遵守するストレスを規範内で解決しようとして発生した願望が、
見返りに転化したんです。「そうであってほしい」が「そうなるはずだ」になったと。
たとえば、会社に「課内全員の仕事が終わるまで社に残る」という暗黙ルールが
あるとして、そんなことは就業規則とかには明記されてないんだけども、
それを守れば上司の高評価につながるという期待がある、みたいな。
ソフィア それをソファイアはどう伝えてきたの? 原文のまま率直に言ってほしい。
みけ 「みんなと同じにしていれば楽に死ねる」、
これがシステム下にいる人間の理想の「人生」だと。
人が親しい間柄の人のしあわせを願うとき、その願いの内実は、
「楽に死ねますように」のひと言に要約できるとまで言いましたよ。
身体は消滅しても主観のほうは名前や業績として継承されるとか、
文化集団によってもいくらか差異はありますが、
本音となると「楽に死ぬ」が究極の願いといっていいと。
ソフィア それから? まだあるでしょう。
みけ これが本音の願望なんだけど、「楽に死ぬ」のほうに気づいてしまうと、
「私」の消滅が視界に入ってきてテンションが下がり、
②のシステムを維持するという目的達成に支障が出るから、
下の句は言下に抑え込んでタブーにしていると。
中間目標を達成するための何々活のモチベーションが下がるから、
ふだんは考えないようにしてるってことですね。
最終目標を隠蔽していても中間目標達成のために動けるのは、
「集合体からはみださない(みんなと同じでいる)」規範が活きてるからです。

ソフィア 「集合体からはみださない(みんなと同じでいる)」という規範は、
客体‐空間‐時間思考システムがハイアーセルフとしての「私」を封じ切れないという
弱点をカバーする思考で、もともとシステムに内在するコードです。
だから「仮想」の「集合」に適用するシステムなんだよ。
ならば、客体‐空間‐時間思考という催眠術にかかった状態から覚めた人は、
もはや集合体の動向を気にかける必要はないのでは?
みけ そっか。そうですね。
ソフィア どんな変化であれ、次元の上昇でも下降でも、
「私」を軸とする個々の宇宙の変化は、個々に起きるのであって、
シンクロとか巻き込みとかは必至じゃない。あってもなくてもかまわない。
むしろ、シンクロや巻き込みはないという前提でいていただいたほうがいい。
みけ どうして?
ソフィア 集合体の動向を気にかけはじめたとたん、
客体‐空間‐時間思考システムが再適用されてしまうから。
客体に制限された「私」と客体の他者との関係調整が再び問題になり、
空間思考、時間思考が動きだし、健康、経済、その他の将来の見通しが不安になり、
すべてがもとの木阿弥です。
そして、またシステムに囚われていることに気づき、集合体を気にかけてまたシステムに
戻り・・・と、ここで堂々巡りすることになる。
みけ アセンション関連のイベント告知が空振りに終わるのも、そのせいなのかな。
ソファイア@シリウス そうよ。だから、うちらはイベント告知系の情報は出さない。 
出す必要があれば、空振りを織り込んで変化球にしてる。
ソフィア あなたがたのいう社会は、「私」に先んじて客体(一般的には物体)があるという
客体思考を前提としたときに設定される環境であって、
「私」を軸とする宇宙には環境なんてないんだから、社会もないんだよ。
そもそも、物体も身体もないんだから。
物体とか身体というのは、濃厚な感覚(五感+痛みや嚥下感などの感覚)を
中程度の感覚(思考)で分類、整理してとらえたとき、はじめて立ち上がってくる概念です。
あなたが物体や身体を思い浮かべるとき、
濃厚な感覚の束と、中程度の感覚が重なっていて、
両者を一部の濃厚な感覚(音声や文字などの象徴記号)が結んでいる。
みけ たしかに、濃淡や質感がちがう、いろんな感覚からなる模様があるだけです。
ソフィア その模様をちゃんと感じていればいいわけ。
ある出来事に主体的にかかわるかどうかは、模様の動きのなかで自ずと決まってくるし、
主体的に動くことと静観することの間に優劣はない。
静観すること、通過させることも行動のひとつです。
スポンサーサイト
  1. 2018/10/02(火) 16:46:14|
  2. 仮想集合システム
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/810-d3b5a440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (108)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (10)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: