FC2ブログ

ソロ・パブリッシュ

エア充。

思考のドラマ

2018.10.19(金)

①まずいことが起きた、この状態はやばい、という思考が湧く。
                 ↓
②反射的に思考のなかに原因とおぼしき思考をサーチします。
「あのときこれをしなかった(またはしてしまった)」「誰それの言動がこうだった」云々。
                 ↓
③そして自己批判、または他者批判の思考とつながる。
刺々しい感情や、落ち込んだ気分ともつながる。
「自分のこういうところがだめ」「誰それはいつもそう。言葉が通じない」云々。
                 ↓
④まずいこと、やばい状態は修復しないといけない、という思考ともつながる。
なので思考のなかに対策、防衛策となる思考をサーチします。
ストレスを感じますが、しかたありません・・・。

と、以上のようなジタバタは、マインド帯域で繰り広げられるドラマです。
主役は思考で、思考の動きに反応して、感情や気分も動員されます。

このドラマに、物理事実、すなわち五感+痛みの感覚などの濃い感覚は、
微塵も介在していません。
直感、直観イメージなどの微妙な感覚も、まったくかかわっていません。
全部マインド、すなわち思考や感情などの中程度の感覚で起きている騒動です。
そもそも、まずいだのやばいだのという発端からして思考だし。

それが見えていて、右往左往する思考、ハジける気持ちをやりすごすことができれば、
もし対策が必要なら、自然な行動として自然に起きてきます。ストレスなく。

②の原因サーチをしているときには、
「過去の事実」や「過去の事実に似た事実」を探している気でいますが、
過去にも未来にも、事実なぞありゃせん。
五感+痛みなどの濃い感覚、これ以外に事実などないのです。
「かつては濃い感覚だった(事実だった)」と思えるのは、
観察視点「私」に先だって物があり、物は広がっていて、生滅の方向で変化している、
という客体‐空間‐時間思考が作動しているためです。
これは①~④などの思考を下支えしている思考です。
あれこれの雑多な思考というのは、視覚や触覚などにならないけれども、
「感じ」として感じられるエネルギー的な塊を、
客体思考や空間思考や時間思考でつないでスジが通ってるように仕立てたものです。


人間は、言葉とか身振りとか絵図といった象徴を使って思考や感情をやりとりします。
この象徴ツールが濃い感覚すなわち物理的な音や形などでできているので、
いかにも感覚の向こう側に象徴のもとになる客体(物体)がありそうな気がするけど、
言葉や絵図などが象徴しているのはマインド(思考や感情や気分)であって、
濃い感覚(物理像)ではありません。
私が「赤」と言うとき、その音声や文字は思考(記憶)にある色をさしていて、
それは視覚で感じている「感じ」ではありません。
「赤い」「冷たい」「柔らかい」「痛い」とかの濃い感覚は、
その人固有の感覚として、言い換えるとその人固有の周波数として感じられるので、
人と共有できません。
同じく「自分の考え」や「自分の気持ち」も人と共有できないのですが、
考えや気持ちは客体‐空間‐時間思考に支えられており、
「誰も彼も客体(物体)の一部、客体の法則(物理法則など)にしたがっている」
(=みんないっしょ:仮想集合システム)という暗黙の了解があるために、
共有していると思い込むことが可能です。

濃い感覚、すなわち物理事実は、
まずいだのやばいだの、何が原因だの誰のせいだの、どうにかしなくちゃだの、
がちゃがちゃしたおしゃべりは一切していません。
すごく寡黙で、深閑としています。
よい、わるい、望ましい、望ましくない、そういう判断がない。
ポジティブにもネガティブにも傾いていない。
バシャールのいう「どんな状況も中立である」とは、そういうことです。
濃い感覚は、思考などの中程度感覚とは別のレイヤー(層)、別の周波数帯なのです。
濃い感覚が織りなす物理像世界って、とんでもなく静かです。

といっても、思考が諸悪の根源というわけではありません。
パフォーマンス過多が鎮まれば、動作は正常化し、適切な思考として役立ちます。
適切な思考とは、微妙な感覚すなわち高次帯域と協働し、
直感的な行動指示や、直感的な理解、アイデアとして現れ、
濃い感覚(物理像)の量子跳躍的変化への橋渡しになる思考です。
微妙な感覚は、思考を通さず、ダイレクトに行動や態度として現れることもあります。

適切な思考の特徴は、高速で、明晰で、イッキにわかること。
ウダウダした迷いはなく、危機感めいたプレッシャーもありません。
決断を必要とするような特別な場合だけではなく、
誰かに連絡するとか、作業の手順を決めるとかの場合でも、
思考が適切に動いていると、とてもスムーズに進みます。

先日、youtubeを見ていたら、
ネットお得意のお節介機能(笑)「あなたへのおすすめ」のなかに
こんな動画を見つけました。
このブログの管理人と本質的には同じことを言っておられると思われ、
もっと単純明快に説明されています。
なので、勝手ながらご紹介させていただきます。
7分半程度の動画なので、お時間のある方はご覧になってみてください。
  ↓
スピリチュアルヒーラーmomoyoさんの<MOMOYOチャンネル>より
「思考を止めるだけで不思議な事が起こる?!」
https://www.youtube.com/watch?v=EuvcWdnAEuE
スポンサーサイト
  1. 2018/10/19(金) 16:29:24|
  2. 仮想集合システム
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://solopub.blog103.fc2.com/tb.php/813-7fbb2f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みけ@猫科ホールディングス

Author:みけ@猫科ホールディングス
イタリアの美少年のような女(豹専務)
と同居してるGID
(ジェンダー・アイデンティティ・ディスオーダー)。
人間(♀)仕様だが
中身は外来種(宇宙人)らしい。
血液型:みけ&豹専務とも超B型。
リンクはご随意に。
連絡も不要です。

出版案内3

『ようこそ☆ゼロポントフィールドへ』をパブーで電子出版しました(無料)。「この本を開く」ボタンをクリックするか、ファイルをダウンロードしてお読みください。

出版案内2

『Starry Souls ☆ 宇宙人語り』の改訂版です。

出版案内1

『多次元対談・宇宙人といっしょ』をパブー (PC等で読める電子本)で出版しました

最新記事

カテゴリ

三毛猫亭日乗 (116)
社説 (65)
ひみつの閉架書庫 (109)
デムパ話 (129)
超デムパ話 (72)
新世界への回帰 (113)
アセンションについて (8)
実現のメタフィジクス (5)
仮想集合システム (15)
次元上昇 (26)
デムパなメソッド (16)
ナチュラルトランス (12)
ナチュラルトランサーの特徴 (1)
フィロソフィア(愛知) (23)
この女(ひと)を見よ (31)
不思議なお店 (7)
RTLF (1)
未分類 (42)
ブログをご覧になる方へ (1)
音楽 (3)

最新トラックバック

ぞろ目が出るかな?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: